渋井哲也の 「悩み、もがき。それでも...」

渋井哲也の 「悩み、もがき。それでも...」

発行:月3回+α

  • フリー版:0円
子ども・若者の生きづらさ・自殺・自傷・ネット心中などをメインに取材してきたフリーライター渋井哲也のメールマガジンです。インタビューや事件取材、裁判傍聴を通じて、生きづらさの背景を探ります。テーマは主に子ども・若者たちの生きづらさですが、大人たちの「子ども・若者時代」も関連するものは取り上げて行きます。

バックナンバー

渋井哲也

著者:渋井哲也

1969年栃木県生まれ。93年東洋大学法学部卒。
「長野日報」社を経て、98年フリーに。01年、東洋大学大学院文学研究科教育学専攻博士前期課程修了。若者の生きづらさ(自殺、自傷、依存など)をテーマに取材するほか、ケータイ・インターネット・コミュニケーション、教育、少年事件、ネット犯罪、サブカルチャー、援助交際、性、風俗、などについて取材を続ける。
 著書に「震災以降」(三一書房、共著)「風化する光と影 東日本大震災特別リポート」(マイウェイ出版、共著)、「3.11 噂の真実」(スコラブックス、共著)、「3.11 絆のメッセージ」(東京書店、共著)、「自殺を防ぐためのいくつかの手がかり」(河出書房新社)をはじめ、「実録・闇サイト事件簿」(幻冬舎新書)や「解決!学校クレーム “理不尽”保護者の実態と対応実践」(河出書房新社)、「明日、自殺しませんか 男女7人ネット心中」(幻冬舎文庫)、「ウェブ恋愛」(ちくま新書)、「学校裏サイト」(晋遊舎新書)など。

home ⇨ http://shibuitetsuya.jp/

Twitter → https://twitter.com/shibutetu

Facebook → https://www.facebook.com/shibutetu

mixi ⇨ http://mixi.jp/show_profile.pl?id=49580

BLOGOS