< このメルマガのトップに戻る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
選択した記事を購入
  1. 2017年08月18日発行

    「リスク回避の動きも手伝い債券しっかり」(引け後)2017年8月18日

  2. 2017年08月18日発行

    「トランプリスクが再燃し、金融市場が動揺」(コラム)2017年8月18日

  3. 2017年08月18日発行

    「円債も買い戻しが先行か」(朝)2017年8月18日

  4. 2017年08月17日発行

    「5年債入は順調、その5年債カレント出合いなし」(引け後)2017年8月17日

  5. 2017年08月17日発行

    「日銀が長期国債の買入額を減らしても市場は動揺せず」(コラム)2017年8月17日

  6. 2017年08月17日発行

    「5年債入札動向にも注意」(朝)2017年8月17日

  7. 2017年08月16日発行

    「5年超10年以下の国債買入を減額」(引け後)2017年8月16日

  8. 2017年08月16日発行

    「米国債保有、日本を抜いて再び中国がトップに」(コラム)2017年8月16日

  9. 2017年08月16日発行

    「円債は国債買入期待などでしっかりか」(朝)2017年8月16日

  10. 2017年08月15日発行

    「債券先物はしっかり」(引け後)2017年8月15日

  11. 2017年08月15日発行

    「金融緩和で物価が上がらないなら財政でという安易な発想」(コラム)2017年8月15日

  12. 2017年08月15日発行

    「債券は膠着相場が続きそう」(朝)2017年8月15日

  13. 2017年08月14日発行

    「北朝鮮巡る緊張が意識されて円債もしっかり」(引け後)2017年8月14日

  14. 2017年08月14日発行

    「日銀の物価目標の2%を見直す必要性」(コラム)2017年8月14日

  15. 2017年08月14日発行

    「リスク回避の動きから円債も買い先行か」(朝)2017年8月14日

  16. 2017年08月10日発行

    「地政学的リスク等により債券はしっかり」(引け後)2017年8月10日

  17. 2017年08月10日発行

    「アベノミクスに対する疑問、支持率低下の一因にも」(コラム)2017年8月10日

  18. 2017年08月10日発行

    「米債高などから円債も買いが先行か」(朝)2017年8月10日

  19. 2017年08月09日発行

    「北朝鮮の地政学的リスクを意識した動きに」(引け後)2017年8月9日

  20. 2017年08月09日発行

    「北朝鮮リスクに東京市場が動揺する懸念も」(コラム)2017年8月9日

  21. 2017年08月09日発行

    「地政学的リスクも意識か」(朝)2017年8月9日

  22. 2017年08月08日発行

    「30年債入札は順調、相場は膠着」(引け後)2017年8月8日

  23. 2017年08月08日発行

    「日銀の金融政策の効果だけ強調するのはいかがなものか」(コラム)2017年8月8日

  24. 2017年08月08日発行

    「30年債入札動向見ながらの膠着相場か」(朝)2017年8月8日

  25. 2017年08月07日発行

    「膠着相場続く、商いも低迷」(引け後)2017年8月7日

  26. 2017年08月07日発行

    「先日の米雇用統計は利上げの判断材料にはなりにくい」(コラム)2017年8月7日

  27. 2017年08月07日発行

    「米雇用統計受けた米債安から円債も売りが先行か」(朝)2017年8月7日

  28. 2017年08月04日発行

    「米債高などから債券先物もしっかり」(引け後)2017年8月4日

  29. 2017年08月04日発行

    「イングランド銀行の利上げに向けた姿勢に変化なし」(コラム)2017年8月4日

  30. 2017年08月04日発行

    「米債高等で債券先物は買いが先行か」(朝)2017年8月4日

  31. 2017年08月03日発行

    「債券、株、為替ともに膠着相場が続く」(引け後)2017年8月3日

  32. 2017年08月03日発行

    「1万円札廃止論に異議あり」(コラム)2017年8月3日

  33. 2017年08月03日発行

    「今日の債券も膠着相場か」(朝)2017年8月3日

  34. 2017年08月02日発行

    「中期債主体に膠着感強まる」(引け後)2017年8月2日

  35. 2017年08月02日発行

    「約3京9000兆円の金融商品に関わる指標、LIBORの消滅問題」(コラム)2017年8月2日

  36. 2017年08月02日発行

    「米債高等で円債も買いが先行か」(朝)2017年8月2日

  37. 2017年08月01日発行

    「10年債入札は無難、膠着相場は継続」(引け後)2017年8月1日

  38. 2017年08月01日発行

    「日銀の物価目標はなぜ柔軟性を失ってしまったのか」(コラム)2017年8月1日

  39. 2017年08月01日発行

    「10年国債入札動向にも注意」(朝)2017年8月1日

  40. 2017年07月31日発行

    「閑散小動き、特に中期ゾーン」(引け後)2017年7月31日

  41. 2017年07月31日発行

    「金融緩和で雇用が回復という理屈はおかしい」(コラム)2017年7月31日

  42. 2017年07月31日発行

    「今日の債券もあまり動かずか」(朝)2017年7月31日

  43. 2017年07月28日発行

    「膠着相場、先物値幅4銭」(引け後)2017年7月28日

  44. 2017年07月28日発行

    「日銀はそろそろ軌道修正を決断すべきでは」(コラム)2017年7月28日

  45. 2017年07月28日発行

    「債券先物は米債安などから売り先行か」(朝)2017年7月28日

  46. 2017年07月27日発行

    「米債高等で円債もしっかり」(引け後)2017年7月27日

  47. 2017年07月27日発行

    「結果としてFRBは市場をうまくコントロール、イエレン議長続投期待も」(コラム)2017年7月27日

  48. 2017年07月27日発行

    「米債高などから円債も買いが先行か」(朝)2017年7月27日

  49. 2017年07月26日発行

    「米債安などから債券は全般に売られる」(引け後)2017年7月26日

  50. 2017年07月26日発行

    「ギリシャの国債発行は正常化を示すひとつの象徴」(コラム)2017年7月26日

  51. 2017年07月26日発行

    「米債安などから円債は売り先行か」(朝)2017年7月26日

  52. 2017年07月25日発行

    「40年債入札は順調」(引け後)2017年7月25日

  53. 2017年07月25日発行

    「日銀の5年超10年以下の国債買入減額に市場は動揺せず」(コラム)2017年7月25日

  54. 2017年07月25日発行

    「40年国債の入札動向にも注意」(朝)2017年7月25日

  55. 2017年07月24日発行

    「5年超10年以下の国債買入減額も影響なし」(引け後)2017年7月24日

  56. 2017年07月24日発行

    「議論は秋に行うとのドラギ総裁発言の意図」(コラム)2017年7月24日

  57. 2017年07月24日発行

    「米債高もあり債券は買いが先行か」(朝)2017年7月24日

  58. 2017年07月21日発行

    「債券先物には買い戻しも」(引け後)2017年7月21日

  59. 2017年07月21日発行

    「6月の債券市場ではメガバンクが大量買い越しに」(コラム)2017年7月21日

  60. 2017年07月21日発行

    「欧米国債はしっかり。円債は膠着相場継続か」(朝)2017年7月21日

  61. 2017年07月20日発行

    「決定会合は現状維持、相場は動かず」(引け後)2017年7月20日

  62. 2017年07月20日発行

    「日銀決定会合で反対者がいなくなる日」(コラム)2017年7月20日

  63. 2017年07月20日発行

    「決定会合は賛成多数での現状維持か」(朝)2017年7月20日

  64. 2017年07月19日発行

    「薄商いのなか、上値の重い展開に」(引け後)2017年7月19日

  65. 2017年07月19日発行

    「トランプ政権のレームダック化を市場は織り込み済みか」(コラム)2017年7月19日

  66. 2017年07月19日発行

    「米債高などから円債も買いが先行か」(朝)2017年7月19日

  67. 2017年07月18日発行

    「米債高等で債券しっかり」(引け後)2017年7月18日

  68. 2017年07月18日発行

    「ECBは9月の理事会でテーパリング計画発表か」(コラム)2017年7月18日

  69. 2017年07月18日発行

    「欧米の国債は総じて買われ円債もしっかりか」(朝)2017年7月18日

  70. 2017年07月14日発行

    「現物債は超長期債に戻り売りも」(引け後)2017年7月14日

  71. 2017年07月14日発行

    「カナダ銀行が7年ぶりの利上げ決定」(コラム)2017年7月14日

  72. 2017年07月14日発行

    「欧米の国債は売られ円債も売りが先行か」(朝)2017年7月14日

  73. 2017年07月13日発行

    「20年債入札は無難」(引け後)2017年7月13日

  74. 2017年07月13日発行

    「市場はFRBのイエレン議長の花道も意識か」(コラム)2017年7月13日

  75. 2017年07月13日発行

    「米債高などから円債も買いが先行か」(朝)2017年7月13日

  76. 2017年07月12日発行

    「3年超5年以下の国債買入を増額」(引け後)2017年7月12日

  77. 2017年07月12日発行

    「FRB副議長にクオールズ氏を指名」(コラム)2017年7月12日

  78. 2017年07月12日発行

    「日銀の国債買入動向に注意か」(朝)2017年7月12日

  79. 2017年07月11日発行

    「5年国債入札は順調、超長期売られる」(引け後)2017年7月11日

  80. 2017年07月11日発行

    「5年国債入札状況次第での指し値オペの可能性」(コラム)2017年7月11日

  81. 2017年07月11日発行

    「5年債入札動向に注意」(朝)2017年7月11日

  82. 2017年07月10日発行

    「5年債重いが動意少なし」(引け後)2017年7月10日

  83. 2017年07月10日発行

    「依然として2%の物価安定の目標の実現を目指す日銀」(コラム)2017年7月10日

  84. 2017年07月10日発行

    「10年債は売りづらい」(朝)2017年7月10日

  85. 2017年07月07日発行

    「日銀は10年債対象に指し値オペ実施」(引け後)2017年7月7日

  86. 2017年07月07日発行

    「日銀は長期金利の上昇に対して指し値オペを実施」(コラム)2017年7月7日

  87. 2017年07月07日発行

    「日銀の国債買入の動向に注目か」(朝)2017年7月7日

  88. 2017年07月06日発行

    「10年債利回りは0.100%ワンタッチ」(引け後)2017年7月6日

  89. 2017年07月06日発行

    「日銀 vs 債券市場参加者」(コラム)2017年7月6日

  90. 2017年07月06日発行

    「地合は良くない、30年債入札も注意」(朝)2017年7月6日

  91. 2017年07月05日発行

    「債券先物は一時150円割れ」(引け後)2017年7月5日

  92. 2017年07月05日発行

    「北朝鮮のICBM試射による地政学的リスクの行方」(コラム)2017年7月5日

  93. 2017年07月05日発行

    「債券先物は方向感に乏しい展開か」(朝)2017年7月5日

  94. 2017年07月04日発行

    「10年債入札は順調な結果に」(引け後)2017年7月4日

  95. 2017年07月04日発行

    「都議選受けての安倍政権の行方が日銀にも影響か」(コラム)2017年7月4日

  96. 2017年07月04日発行

    「10年国債入札にも注意」(朝)2017年7月4日

  97. 2017年07月03日発行

    「再び閑散相場に戻る」(引け後)2017年7月3日

  98. 2017年07月03日発行

    「FRBの物価目標のPCEデフレータ、5月はプラス1.4%」(コラム)2017年7月3日

  99. 2017年07月03日発行

    「朝方発表の日銀短観も注意」(朝)2017年7月3日

  100. 2017年06月30日発行

    「日銀の政策リスクは出口にあるのではなく出口がないこと」(コラム)2017年6月30日

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
選択した記事を購入
久保田博幸

著者:久保田博幸

1958年、神奈川県生まれ。慶応義塾大学法学部卒。 証券会社の債券部で14年間、国債を中心とする債券ディーリング業務に従事する傍ら、1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。専門は日本の債券市場の分析。特に日本国債の動向や日銀の金融政策について詳しい。現在、金融アナリストとしてQUICKなどにコラムを配信している。

BLOGOS