陳海騰の「日中ビジネス!トップ人脈の架け橋」

陳海騰の「日中ビジネス!トップ人脈の架け橋」

発行:月4回

  • フリー版:0円

1ヶ月無料(本メルマガ初回購読時)

Web時代のビジネスの魅力は何といっても国境を超え、リアルタイムで発信できることです。 日本にいながらにして、中国市場で成功を収めたいのであれば、まず中国のWebマーケットを研究し最短ルートとコツを掴むことです。現在、検索エンジンとSNSメディアを活用することで、思いがけない成功を手に入れた企業が続出中です。このメールマガジンでは中国ウェブマーケティングや中国のビジネス環境のことを詳しく紹介して行きたいです。

バックナンバー

陳海騰

著者:陳海騰

中国福建省廈門(アモイ)市出身。
中国大手旅行会社(中国国際旅行社)の日本部部長を務め、1992年に日本へ留学。
その後、NTT西日本および株式会社インデックスにおいて、中国における様々な事業展開に関わる。
2006年、博報堂とアサツーディ・ケイが設立したデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社北京現地法人COOを経て、 同年中国最大の検索エンジンである百度株式会社(現バイドゥ株式会社)の代表取締役、百度中国公司の日本駐在首席代表に就任。
WEBを通じて中国人富裕層の日本誘致に貢献した実績等を称えられ、2009年にYOKOSO!JAPAN大使(観光大使) にも任命された。
専門分野:グローバル企業経営、日中WEBマーケティング。
【講演実績】:
Nomura Investment Forum 特別基調講演「日中ビジネスの潮 流」
2011年11月29日 , 日本ヒューレットパッカード HP TECHONOLOGY@WORK東京
2012三菱東京UFJ銀行経営者セミナー
日本郵政、神戸大学、一橋大学、東京商工会議所、他多数。
【TV出演】:
テレビ東京「カンブリア宮殿」 2010年6月7日放送。
【記事掲載】:
日本経済新聞WEB版、その他新聞・雑誌記事の掲載多数 。
【主な著書】:
『50万円でインターネットから中国3億人富裕層と商売する方法』 (講談社)、
『百度(バイドゥ)式 600万人中国観光客を呼び込む方法』 (東洋経済新報社)、
『日本にいながら中国ビジネスで儲ける法』 (日本経営合理化協会出版局)、
『新華僑のスゴい仕事術』 (徳間書店)。

BLOGOS