▲▽35歳独身議員さんへの本音▽▲

▲▽35歳独身議員さんへの本音▽▲

2014年06月20日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽35歳独身議員さんへの本音▽▲

※ 数的優位の日本、攻め切れず…ギリシャに0―0
http://www.yomiuri.co.jp/wcup/2014/japan_1/20140620-OYT1T50005.html?from=ytop_top

 長谷部が冒頭イエローを喰らった所で、これは駄目ぼorz、と思った。でもそ
の後のレッドカードを誘った痛そうな表情はグッジョブだった。
 ああいう守りに入られるときついとはいえ、相手の人数が減っているのに、相
変わらずどいつもこいつもシュートが不正確なのは、いつもの日本だったorz。
 明らかに高さで負けていたし、ちょっと衝突すると、まるで竹細工みたいに倒
れるんだもん。
 でも今回は、格上を相手に運動量でも全然負けてなかったし、素人目にも、試
合内容はそんなに悪くなかったと思う。

 要は、コロンビアに勝ちゃ良いんでしょう! F-2でラプターに勝てば良い
んだよ。99式艦戦でハチロクに、チハたんでパーシングに勝てばいいんでし
ょ? 日本人は、こういう背水の陣が大好きなんだから、まだまだ楽しめると思
えば良い。

※ 小田急線、20日朝の復旧目指す…回送脱線
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140619-OYT1T50134.html?from=ycont_top_txt

 脱線した場所は、線路は真っ直ぐだから、その前にもうレールを外れていたん
でしょうね。小田急線は、何処かの路線で迂回して、そこからタクシーで帰るの
がシビアな路線だから、巻き込まれた皆さんはお気の毒です。
 で、ここでも疑問なのは、長い所は、止まった電車の乗客の誘導を始める前に、
90分も掛かっているんでしょう。もう少し短縮できそうな気はするのですが。
 こういう時のために、バッテリーを各車両に積んで、最寄り駅まで辿り着くな
んてのは無理なの? あるいは、ディーゼルとかで構わないから、人が分解して
持ち運び出来るような超小型の牽引車両を各駅に配置しておくとか。

※ 「セクハラヤジ」飛ばした都議はだれ? 塩村文夏議員「『結婚しろ』と言
った議員ほぼ分かる」
http://www.j-cast.com/2014/06/19208144.html?p=all
*「お前が早く結婚すればいい」とヤジを受けた塩村文夏都議が美人すぎるとネットで話題
http://getnews.jp/archives/602772

 良いぞ自民党! 地獄の果てまでしらばっくれてろ!w。でも彼女、凄い美人
なんだよね。ほとんどすっぴんであの美貌。全然オッケー!w。
 「産めないのか」は明らかにアウト。ただ、有権者としては、出産問題を扱う
のであれば、その問題はどう取り繕っても、我が国では少子化問題と直結してい
るんだから、「まずあんたが結婚して子供産んでから言えよ」wというのは本音
だと思う。
 そら容姿に難がある人ならともかく、こんな綺麗な人、まずは貴方自身が家庭
をちゃんと築いてから、その問題と向き合え、というのは、都民の偽らざる本音
だと思う。
 安倍さんが「残念ながらうちは子宝に恵まれませんでしたが」と少子化に取り
組むのは結構だけど、そろそろタイムリミットが近付いているべっぴんさんが、
結婚もせずに妊活だ不妊だのの問題に取り組んでいるのは(恋から時代に、数々
のビッチな過去を自白したらしいが)、私は大きな疑問を感じます。
 そのセクハラ発言はアウトとは言え。

※ 武器展示会での武田防衛副大臣の行動が物議を醸す 引き金に指をかけ銃口を人に向ける
http://news.ameba.jp/20140619-82/
*防衛副大臣の銃口管理がなってない大喜利
http://togetter.com/li/682157

 こんなことでガタガタ言ってどうするw。こんなイベント、アラブのでぶった
金持ちがぞろぞろ家族連れでやって来るんですよ。けばい姉ちゃんや威張った子
供連れで。
 しかし、公けの肩書きで出ているんだから、お付きの役人が、一言耳打ちすべ
きではあっただろうと思います。「副大臣、何を触っても構いませんが、朝日や
赤旗が飛びつくから、銃を手にすることだけは止めて下さい」と。

 ただ、こういう見方も出来る。政治家という人々は、メディアが来ると、つい
サービスする習性が付いている。ましてやそれが国外となると、はるばる日本か
ら、写真を撮りに来ている報道もいる。そういう連中に、サービス精神で、政治
家はポーズを取る習性が身についている。それで銃を取ったとも考えられるし、
穿った見方をすれば、滅多にメディア・ネタになることもない、副大臣という影
の存在です...

バックナンバー

  1. ▲▽格上のコメディ▽▲

    2018年01月21日発行

  2. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  3. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

ページの先頭へ戻る