《十二道鋒味》人気が出た裏の秘密とは?

《十二道鋒味》人気が出た裏の秘密とは?

2014年08月18日発行

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――

~日中ビジネス!トップ人脈の架け橋~
《十二道鋒味》人気が出た裏の秘密とは?
_____________________________第百八十一号
 
映画として有名な興行会社(映画とテレビ)がバラエティー番組の制作に力
を入れることで、映画の撮影に似てきている。最近テンセント動画で放送され
た香港の俳優・謝霆鋒(ニコラス・ツェー)の料理バラエティー番組《十二道鋒
味》の画像は映画業界で一部の国産映画を上回るほどの出来映えで話題になっ
た。

 最新の《十二道鋒味》放送後、テンセント動画の再生回数はすでに2.41億ま
でに達していることがわかった、この数字は驚異的だが、制作側の英皇娯楽興
行会社としての価値は話題性である。

 年初から今なお、放送された人気番組《中国のコメディーの星》、「スウ
ォーズマン」、《お父さんが帰って来た》などの番組投資制作会社華録百納
(2002年設立の国営企業)、歓楽マスコミ(中国で影響力のある興行企業)、
華誼兄弟(海外でも受賞歴のある上場企業)などの興行で起業した企業、《十
二道鋒味》が示した最大の目玉は映画とテレビの中にリアリティを取り入れた
ことだ。データによると、《十二道鋒味》は一話ごとの制作コストが百万人民
元以上である。
 
 今回は中国のバラエティー番組についてお話をしたいです。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る