Vol.141 日本の大企業はグローバル市場で稼げる?!

Vol.141 日本の大企業はグローバル市場で稼げる?!

2014年11月20日発行

■ 目次
・日本の大企業はグローバル市場で稼げる?!
・5歳までの環境が人生を決める!
・胸騒ぎ
・日本の経済格差は深刻?!
・日本の食通はアジアでモテモテ!
・救われた一日
・手強いアジアのお客さん
・エリートが活用するホームスクール
・次期アメリカ大統領?を動かす人物
・保守系政治の方がいい奴が多い?!
・政治が日本をよくできないわけ
・教育は「先生の”質”と”数”と”情熱”だけ」
・国際会議での意義ある目立ち方とは?
・アジアのグローバル教育を変える若者
・教育界フロントランナーが感じた刺激
・グローバル化目指す日本のトップ校
・ASEANを学ぶ学校
・来年のAPECを仕切るパートナー
・高まるわが校への需要
・日本にはエリートが足りない!
・艱難辛苦を乗り越えた人物
・選挙を戦う者の気持ち
・日本はイクメンだらけ?
・嬉しいオファー


■日本の大企業はグローバル市場で稼げる?!
日本の大企業はグローバル企業が多く、日本市場が衰退しても外で稼ぐから、大丈夫で株価は上がるという人がいる。マクロではそう見えるのかもしれないが、私の様にアドバイザリーをやっていると、日本の大企業がどんな情報と人脈でどう仕事をしているかよく見える。ミクロにはとてもこれから日本のグローバル企業がアジア市場でガンガン稼げるようには思えない。アジアに限られるがどこの誰にどんな形でコンタクトしているかわかってしまう。
残念ながら、「誰もが日本を代表する大企業と思っていて、きっとすごい情報とネットワークを持っているだろう、と思われる企業がとんでもない情報源を頼りに、しかもそれに莫大な資金を投下して、結果がとても出ると思われない決断をしている事例」に出会うのが日常茶飯事みたいなってきている。
日本のグローバル企業にも色々あるだろうが、「さすが」という事例はあまり見ない。在外公館含めた政府のネットワークも「なんだかなあ」という感じだ。
日本の大企業には個々には優秀な人材もいて、頑張っているのだが、基本的には「人事のローテーション」と「過剰コンプライアンス」と「欧米人コンプレックス」が、情報ネットワークを築く邪魔になっていると思う。これを何とかしないと、日本を代表する大企業も、図体の割に目も鼻も利かない日本企業を餌食にしようという連中のATMマシンに成り下がる可能性があるのではないかと思う。



■5歳までの環境が人生を決める!
非常に当たり前で日本以外では誰もが知る常識であり、積極的な取り組みとたくさんのオプションがある。世界で最も幼児教育を軽視している(対GDP幼児教育投資比率が最小)のが日本。子供たちが心配だ。


■胸騒ぎ
解散はしないほうがいい。長期的な日本の命運はほ決まっており、私はポイントオブノーリターンを過ぎたと思っている。しかし、当面の日本の凋落の速度を今最も緩めることのできるのは安倍さんが長期に安定した政権をキープすることだと現実的に思う。それが揺らぎそうだからだ。すでに選挙後に安倍さんの首を狙ってしめしめと思いながら黙って自分とその仲間の選挙だけやろうとする大物議員の様子も私には見える気がする。
もちろん、日本を本当に救うのは私の子供たちの世代であり、だからこそ本物リーダーになるよう幼児期から人間的総合力をできるだけ高める訓練をできるだけこの世代に施すべきだと思ってできる範囲で実践している。
現政権が選挙に負けない可能性は「野党がまとまらない」ことだけではなかろうか?しかし今までまとまらなかったのは、まとまっても勝つ可能性がないと思っていたからで、勝つ可能性を実感してくれば、自然と野党はまとまると思う。
そして今の時代の選挙は相手はあまり関係ない。仮にしょっぱい相手でも、現状の不満を与党にぶつけるのが現代の選挙である。安倍さんがいいとか何党がどうだというより、現政権にお灸をすえてやろうとなる傾向が高いのだ。総理の本音がどうであれ、今回の選挙は「与党がダメージコントロールを急いだもので、国民のためではない」という思いを国民が抱きやすいと思う。この意見にいくらでも反論できるが、反論する選挙、説明する選挙は、勝てたためしがないと思う。そして株を持っていない国民の多くはやはり経済的に不満を持っている。
私が候補者なら今回の選挙は地元の自分の演説会や討論会で支援者を奮い立たせるのが非常に難しい気がする。いくらでも言うだけなら言える。政治家とはそういうものだろう。しかし、それが有権者を動かせるかどうかは別だ。コアな支援者は常に応援してくれる存在だが、その一回り外にいる人や二回り外にいる無党派層に近い人を動かすのは難しい気がする。そして投票率が下がるからといってそれが与党を利するとは限らない。
明日の総理の演説が重要だが、選挙に行く国民の過半数...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る