No.109 期日前投票してきた

No.109 期日前投票してきた

2014年12月13日発行

 あすは衆議院議員選挙の投開票日です。もともと関心が高くないし、天気もよくないことが予想されるため、戦後最低の投票率の可能性もでてきています。もともと小選挙区は多様性ではなく、民意の集約を求める選挙です。自らの意思を反映させるとなれば、メジャーな政党や候補者を選択することになりますが、選挙区では1人しか当選しないため、情勢が決まってしまえば、投票行動そのものをしなくなる可能性を持っています。そういう選挙制度ですので、投票率が低いことを嘆いても仕方がありません。

 期日前投票してきたわけですが、私は「支持政党なし」なので、もし北海道で比例区投票でそう書いてしまうと、「支持政党なし」という政治団体に投票してしまうことになります。まあ東京なのでそんなことはないわけですが。

私の政治信条は強固なものはありませんが、暫定的にいえば「シャミン」です。つまり社民主義。かつての社会主義運動では、日和見主義といってバカにされた「シャミン」です。

だからといって、名前として「社民党」名乗っている政党が社民主義には見えないので、社民党支持でもありません。しかし、比例区では「社民党」と書こうと思っています。理由は、社民党の比例区名簿に載っている候補者が当選すれば面白いなというくらいです。ちなみに比例区で「社民党」と書いたことはあります。現在の世田谷区長の保坂展人さんが立候補したときですね。

問題は小選挙区です。「シャミン」的な候補者は私が見るかぎりでは、選挙区にはいません。自民、民主、共産の候補者がいます。もちろん、自民の中にも「シャミン」的な人がいることは否定できないですが、少なくとも選挙区の候補者はそうは思いません。

じゃあ、民主党?私はこれまで民主党の候補者に投票したのは一回だけ。現在の民主党党首海江田万里さんが東京一区で立...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る