▲▽もはや中流ではない▽▲

▲▽もはや中流ではない▽▲

2015年07月29日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽もはや中流ではない▽▲

※ もはや日本の「中流」は全体の3分の1
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/248790/072400006/?n_cid=nbpnbo_mlp&rt=nocnt
*インプレッサSPORTハイブリッド 快適ランチ篇 30秒
http://www.subaru.jp/channel/movie/?youtube_171

 最近、ちょっと驚いたCMがあります。インプレッサのCM(快適ランチ編)
です。山下たっちゃんの軽やかな歌に乗って、30歳代前半と思しき仲の好い若
夫婦(実はロスジェネ世代w)が、やたら笑顔で愉しいピクニックに出かける。
 最初見た時に凄い違和感を持ったんですw。で、その違和感の正体をいろいろ
考えた。まず山下達郎。もちろん私はたっちゃん好きだし、この軽快なリズムも
良いと思います。
 ただ、たっちゃんのファン層って、明らかに40歳代後半以降ですよね。あの
クリスマスソングを別にすれば。じゃあ、このCMは、年齢層としてたっちゃん
のファン層に訴求しているのか? 私はインプレッサの値段を知らないけれど、
ハイブリッド車(250万~らしい)ということは、それなりのお値段でしょう。
それを買える階層はそれなりに上になる。若くして買おうとしたら、なるほどあ
んなこじゃれた家に住んで満ち足りた生活をしている子供もいない、ライフスタ
イル雑誌から抜け出て来たような高給取り夫婦でなきゃ買えないだろうと思うw。
 いったい、今の日本に、こんな恵まれた若夫婦は何組いるんだろう? と思っ
たわけです。現実には、こんな素敵なマイホームを手に入れた階層だって、旦那
は毎晩残業に追われて日曜は上司のゴルフバッグ持ちか、家で死んだように眠り、
女房は子供を習い事だ塾だと送り迎えして疲労の果てにある。あるいは、介護に
追われて、窶れた顔でジジババのシモの世話の真っ最中かも知れない。
 どう考えても、今の日本社会に、こんなハッピハッピーな若夫婦などいない!
 こんな酷い絵空事! こんな夫婦は絶滅危惧種所か、とっくに絶滅している。
お前はもう死んでいる! 状態。だいたいお前ら、へらへら笑いながらピクニッ
クごっこしている暇があったら、精子が劣化して子宮が腐る前にさっさと子作り
しろバカ! 高級車を乗り回すような暇があったら習い事や幼稚園の送り迎えで
子育てに追われてろっつうの!(ちなみにインプレッサのCMにはこれ全編子供
は登場しない。いったいその社会性の無さは何だ? 極めて反社会的なCM!w)
 つか、この夫婦はどういう設定だよ? 旦那はお医者? 勤務医なら週二日徹
夜勤務で土日は死んでて家族サービス所じゃないぞw。あるいはNHKの年収1
700万高給取りとか? 講師は薄給でこき使い、学生にあの授業料を強いなが
らあまつさえ私学助成金までふんだくって我が世の春を謳歌する早稲田の王侯貴
族職員とか?
 もちろん、夢を売るのも自動車メーカーの務めです。CMなんだから憧れと夢
がなくっちゃね(^_^;)。ヨガ教室とか、ハイブリッド車を転がして行きたいよねん♪

 それはそれとして、今、30人学級で学ぶ子供たちのいったい何割が、私たち
がかつて理想としていた中流の生活を送れるんだろうかと思います。普通に正規
雇用で就職し、似たような階層の伴侶と巡り会い、それなりのホテルで、上司を
仲人に結婚披露宴を上げ、住宅ローンを組めて、子供や孫に恵まれた人生を全う
できるんだろうかと思います。
 日本社会では、すでに6人に1人は貧困層です。ということは、そのクラスの
中で、すでに5人は、今も将来も、極めて厳しい人生の現実と向き合うことにな
る。中学から高校へ上がる段階で、恐らくその5人を含む10人前後は脱落する
でしょう。学ぶ場ではなく、単に世間からビーストを日中、隔離しておくためだ
けの高校に通うことになる。
 高校から大学に進学する時点で、さらに10人が脱落するでしょう。残った1
0人も、半分はF欄大学かも知れない。まともな上場企業や公務員試験まで辿り
着ける人間は、30人で始まったクラスの内、果たして何人いるのか? 3人?
 5人? 残りは、トヨタの期間工に有り付ければ幸せな方。

 日本社会は今、事実上完全雇用を達成したと言われているけれど、実はその雇
用の質は、とりわけ若者にとって極めて厳しい内容だと言われている。ヨーロッ
パ並の算定方法で計算したら、実は日本の若者の失業率は、ヨーロッパとそんな
に変わらないのでは? という話もある。
 少子化社会に全く無頓着で無関心な政権与党がいて、頼みの野党第一党は、お
貴族労組の既得権維持に...

バックナンバー

  1. ▲▽格上のコメディ▽▲

    2018年01月21日発行

  2. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  3. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

ページの先頭へ戻る