ネットワーキングが上手な人の特徴

ネットワーキングが上手な人の特徴

2015年08月09日発行

ツカウエイゴの Riho です。8月と言えば、日本はお盆ですね。ああいう、まとまった休みがアメリカの夏にもあると嬉しいな〜と思いつつ、粛々と今月のエイゴマガジン始めたいと思います。

8月号目次

1. 7月の振り返り
2. キキトルエイゴ 〜聴き取りクイズ〜
3. エイゴリスト 〜天気系英語に慣れよう〜
4. エイゴチャレンジ 〜ネットワーキングが上手な人の特徴〜
5. 編集後記

7月の振り返り

7月は、ツカウエイゴがおかげさまで3周年を迎えました!

3年前は、このブログが3年も続くなんて思いませんでしたが、目の前の更新を必死に取り組んでいたら3年経っていたという感じです。以前『私がブログを毎日更新する理由』という記事で「私にとって何よりも大きいメリットの一つは、毎日更新していると『応援してもらえる』ことでもあります」と書きましたが、実は私自身もブログの更新を応援していたりします。なぜなら、私もツカウエイゴの更新が楽しみだから。

ツカウエイゴのファンの一人として、自分自身、これからも自分のブログを応援していきたいと思います。一緒に応援してくださって、本当にありがとうございます!

キキトルエイゴ 〜聴き取りクイズ〜

7月最初に『米最高裁が同性婚を全米で合法化!のニュースで耳にした「rule」「ruling」の意味とは?』という記事を書きましたが、そこに出てくる以下の動画から今回は「聴き取りクイズ」を出題したいと思います。

1. 今回の判決が覆るかもしれない可能性が2つあります。その2つとは何でしょう?
2. 全米30州では依然として同性愛者が直面する問題があります。それは何でしょう?

ナレーターはゆっくりはっきり話しているので、ポイントはつかみやすいのではないかと思います。では回答です。

1. ①判事が入れ替わり、新しい判事たちが今回の判決を覆す見方を提示する可能性 ②憲法が改正される可能性
2. 同性愛者であることを理由に解雇されたり、入居を断られたりすることがいまだに合法であること

ぜひ何度か繰り返し聞いてみてください!

エイゴリスト 〜天気系英語に慣れよう〜

今月、私のいる米北西部で警戒されている地震に関する記事を書きましたが、そこに地震関連の記事に出てくる用語がたくさん出てきたので、この機会にピックアップしてみたいと思います。

まずは改めて該当記事を読んでみてください。

この中から医療単語を6つピックアップしてみました。

1. seismology

"seismology" は「地震学」という意味です。"seismologist(地震学者)" "seismic(地震の)" という単語も出てきていました!

2. foreshock

'foreshock" は「前震」という意味です。ちなみに「余震」は "aftershock" と言います!

3. displaced

"displaced" は「住むところがなくなった」という意味です。文中では "it will need to provide shelter for a million displaced people,..." というところで出てきました。

4. Ring of Fire

"Ring of Fire" は「環太平洋火山帯」という意味です!

5. casualty

"casualty" は「犠牲者」という意味です。文中では "As for casualties: the figures I cited earlier—twenty-seven thousand injured, almost thirteen thousand dead..." というところで出てきていました!

地震や自然災害のニュースを瞬時に理解できるようになるためにも、こういった語彙も増やしたいところです・・・!

エイゴチャレンジ 〜ネットワーキングが上手な人の特徴〜

今週、久しぶりにネットワーキングイベントに行く機会がありました。参加条件やテーマなどが特に決まっていた会ではなく、さまざまなバックグラウンドを持つビジネスマンが集まってひたすらネットワーキングするというイベントでした。

私はネットワーキングイベントはあまり得意ではありません。もともと人見知りだからです。自分から話しかけるのはとても苦手です。でもネットワーキングイベントでは話しかけられるのを待っていると時間が無駄になりがち。私はそれをけっこう苦痛に感じてしまいます。

そこで先日のネットワーキングイベントでは、ネットワーキングに精を出すというよりも、ネットワーキングが上手な人を観察してみることにしました。すると、とあることに気がつきました。

ネットワーキングが上手な人は、一見手当たり次第に話しかけているようで、実はかなり話しかけるターゲットを狙っているように思います。人にはさまざまなタイプがいて、私のように人見知りの人もいれば、ものすごくフレンドリーな人もいますが、ネットワーキングが上手な人は人のタイプをうまく見分けていて、「世話好きな人」にうまく近づいているように思います。なぜ「世話好きな人」かと言えば、人と人をつなげるのが上手だからです。「世話好きな人」に気に入ってもらえば、自分から手当たり次第に人に向かっていかなくても、効率良く自分に合いそうな人を紹介してもらえます。

「世話好きな人」は顔が広いことが多いので、人とすれ違う度に話しかけられたりしていて、けっこう目立っています。あと、イベントの主催者も「世話好きな人」であることが多いです。主催者はイベント初心者でも話しかけやすい存在でもあるので、イベントに初参加する場合は主催者を探し出して、その人からいろいろな人につないでもらうと、効率良くネットワーキングする近道になりそうです。

というわけで、またネットワーキングイベントに行く機会があったら、この仮説が正しいかどうか検証してみたいと思います!

※皆さんの【エイゴチャレンジ】もぜひ聞かせてください。来月のエイゴマガジンでご紹介させていただくお礼に、「Amazon ギフト券」または「スターバックスギフト券」1000円分(米ドルでの支払いも可)をメールでプレゼントします。

※エピソード例:道に迷っていた外国人観光客に思いきって声をかけてみた、Meetup に参加してみた、映画を字幕なしで観てみた、など。

<参加方法>

1. メールの件名に【エイゴチャレンジ】とペンネームを入れて hello@tsukaueigo.com に送信
(例:【エイゴチャレンジ】Riho)
3. メール本文に「Amazon ギフト券」と「スターバックスギフト券」のどちらを希望するか明記(米ドルを希望する場合はその旨も明記)
4. ギフト券の送付先メールアドレスを指定したい場合は、その旨を明記(指定がない場合はメールの送信元に送付します)

<条件・注意>

1. メールのタイトルに【エイゴチャレンジ】及びペンネームが入っていない場合はプレゼント対象外
2. 「Amazon ギフト券」及び「スターバックスギフト券」の希望が指定されていない場合はプレゼント対象外
3. ギフト券の送付先メールアドレスの指定がない場合は、メールの送信元にギフト券を送付

ちょっと頑張ったエピソード、ぜひシェアしてください!

編集後記

8月は、実は私にとっては本業の忙しさがピークに達する時期。昨年も体調を崩してブログの更新を休んだ記憶があるので、今年は体調管理に気をつけてうまく本業とブログの両立を乗り切りたいと思います。

というわけで、来月の第二日曜は9月13日。2015年もすっかり後半ですね。1週間前に【キキトルエイゴ】のお題をまた出すかもしれませんので、どうぞお楽しみに。【エイゴチャレンジ】も、引き続きお待ちしています!

ページの先頭へ戻る