第200号 確定申告を自分でやってみよう、日銀のマイナス金利砲は効くのか、六本木の鳥刺しと水炊きのお店、金利と通貨の関係、他

第200号 確定申告を自分でやってみよう、日銀のマイナス金利砲は効くのか、六本木の鳥刺しと水炊きのお店、金利と通貨の関係、他

2016年02月08日発行

// 週刊金融日記
// 2016年2月8日 第200号
// 確定申告を自分でやってみよう
// 日銀のマイナス金利砲は効くのか
// 六本木の鳥刺しと水炊きのお店
// 金利と通貨の関係
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 週末は、おとなりの北朝鮮が弾道ミサイルの実験をしましたが、いつものようにマーケットへの影響はあまりありませんでしたね。子供はレストランで泣き叫ぶなどの困った行動をして、身近な大人を自分の思い通りに操ろうとしますが、国家間の関係も、相似形なんだとつくづく思います。
 人間の根源的な欲望を探り出し、人間関係の利害を分析する恋愛工学という学問が、世の中の多くのことがらを理解するのにとても役に立つ理由でしょう。抽象的なフレームワークで見ると、多くのことがらに驚くほど共通点があることがわかるのです。

●北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/020600034/

 日銀のマイナス金利政策では、銀行の収益が多少は圧迫されるかもしれず、銀行系のエコノミストは、ダメな政策だと必死に攻撃しています。まあ、しかし、金融緩和の方法としては、量的緩和の量を増やしたり、直接、ETFなんかを買うよりは、マイナス金利のほうがいいんではないかと思います。本当に物価が上がるかどうかはわかりませんが。それにしても、日本国債の10年の長期金利が1%を下回った辺りから、さすがに住宅ローンは変動金利よりも、固定金利のほうが得じゃないかと言われていたんですが、またしても、変動金利が圧勝ですね。長期金利はほぼゼロになり、マイナスもありえる状況になってきました。
 また、最近では、原油安が、オイルマネーの縮小や、エネルギーに投資していたファンド(日本なら商社)の収益を圧迫し、株安などにつながるため経済にとってはマイナスだ、などという議論がなされていますが、株価の上がり下がりを気にし過ぎだと思います。エネルギーを輸入している日本国民にとっては、原油が安くなるのは、いいことに決まっています。

●日銀のマイナス金利砲が銀行株を直撃!
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52073303.html

 中国では今日から旧...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る