第205号 そもそもカリキュラムの目的は何なのか、関電の原発に再び津波がヒット、下呂温泉と温泉工学への挑戦、銀座→鶯谷のロングパスを華麗に通す、他

第205号 そもそもカリキュラムの目的は何なのか、関電の原発に再び津波がヒット、下呂温泉と温泉工学への挑戦、銀座→鶯谷のロングパスを華麗に通す、他

2016年03月15日発行

// 週刊金融日記
// 2016年3月15日 第205号
// そもそもカリキュラムの目的は何なのか
// 関電の原発に再び津波がヒット
// 下呂温泉と温泉工学への挑戦
// 銀座→鶯谷のロングパスを華麗に通す
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 先日、『マネー・ショート』見てきました。原作のほうの翻訳は僕が解説を書いたのですが、こっちの邦題はなかなか見事ですね。その点、やはり映画の日本語タイトルは、資金が足りない!みたいな意味になってしまうので、ちょっとだけ残念です。
 ハゲタカの「腐ったこの国を買い叩く!買い叩く!買い叩く!」を真似して、「腐った世界を売り抜けろ!」ぐらいでよかったんじゃないでしょうか。僕に相談してくれれば……。

●『世紀の空売り』世界経済の破綻に賭けた男たち、マイケル・ルイス
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51954398.html

●『マネー・ショート 華麗なる大逆転』見てきました
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/707489113696370689

 ところで、日本語タイトルが残念な映画といえば、『ハート・アタッカー』ですね。これはイギリスのマイナーな戦争映画で、イラクでふつうの市民が爆弾テロを行い、それに報復するために同じくふつうのアメリカ兵が反撃して、もちろん誰がテロリストか簡単にわからないので、イラクの民間人がどんどん殺されてしまうという、重い現実を描いたノンフィクションの名作です。もともとのタイトルは"Battle For Haditha"だったのですが、同じ時期にアカデミー賞を取った戦争映画の『ハート・ロッカー』を買おうとした人が間違えて買うことを狙って、パッケージもそっくりに作られました。
 もうちょっと、作品にリスペクトがあってもいいんではないでしょうか……。

『ハート・ロッカー』http://amzn.to/1TKMXAl
『ハート・アタッカー』http://amzn.to/251E6Os

 当研究所で監修した、山科ティナさんのコミック『LINEモテトークはSariに聞け』がLINEアプリで公開されました。フリーコインがもらえます。LINE会話のひとつの参考になれば、と思います。アプ...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る