第211号 小中高公立で子供の教育費を大幅カットしながら学歴社会で勝つ 実践編、日米金融政策に注目、新橋のガード下で牡蠣三昧、歓迎される失敗と許されざる失敗、他

第211号 小中高公立で子供の教育費を大幅カットしながら学歴社会で勝つ 実践編、日米金融政策に注目、新橋のガード下で牡蠣三昧、歓迎される失敗と許されざる失敗、他

2016年04月27日発行

// 週刊金融日記
// 2016年4月27日 第211号
// 小中高公立で子供の教育費を大幅カットしながら学歴社会で勝つ 実践編
// 日米金融政策に注目
// 新橋のガード下で牡蠣三昧
// 歓迎される失敗と許されざる失敗
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 すっかり温かくなってきましたね。そして、来週からはゴールデンウィークです。月曜日と金曜日を休めれば10連休ですけど、そうでないと3連休止まりですね。会社員の方はしっかりと休んでください。フリーランスの方は、ゴールデンウィークは働きどきでしょうね。
 連載中の『ぼく愛』コミック版が発売されています。今月号では、わたなべ君が街に繰り出しております。

『アフタヌーン 2016年06月号』 http://amzn.to/1VRxOOM

 橘玲さんの新作について書評を書いたのですが、もうすぐアップされると思います。犯罪や知能と遺伝の関係など、面白いトピックが網羅されています。

『言ってはいけない 残酷すぎる真実』橘玲 http://amzn.to/1VRz4kZ

 今週も読者からの投稿が盛り沢山です。見どころは以下のとおりです。

―子供が公立小学校に通っていますが授業中に同級生が騒いでうるさいそうです
―入籍日直前に結婚を破談にしようか迷っています
―アジアにいるのですが狙っている女の子がお酒を飲めません
―いい感じだったのですがホテルがなかなか見つからずゴールを逃してしまいました

 それでは今週もよろしくお願いします。


1.公立小中高で子供の教育費を大幅カットしながら学歴社会で勝つ 実践編

 日本の公立小学校や公立中学校、そして、公立高校は実際のところ大変優れている。もちろん、ほとんど無料の教育機関としては、だが。また、市場原理の中で生き残ってきた日本の塾の教育力も、とても素晴らしいものがある。PISAなどの国際的な学力調査では、日本の子供の学力は世界の中で常にトップクラスで、世界中の国が日本の初等中等教育から学ぼうとしてきた。そして、日本のこれらの教育の大部分は私立ではなく、公立で担われているのだ。
 一方で、日本の大学以降の高等教育は、何の研究業績がなくても終身雇用を約束された教授のレジャーランドと化しており、学生は高い金を払っても(学費を払うのは親だが)ほとんど付加価値を付...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る