第217号 一貫性の原理とC→Sフェーズシフト、米雇用統計ショック、品川シーズンテラスのレストラン、休暇ばかり楽しんでいるのにヨーロッパの経済が成り立つ理由、他

第217号 一貫性の原理とC→Sフェーズシフト、米雇用統計ショック、品川シーズンテラスのレストラン、休暇ばかり楽しんでいるのにヨーロッパの経済が成り立つ理由、他

2016年06月06日発行

// 週刊金融日記
// 2016年6月6日 第217号
// 一貫性の原理とC→Sフェーズシフト
// 米雇用統計ショック
// 品川シーズンテラスのレストラン
// 休暇ばかり楽しんでいるのにヨーロッパの経済が成り立つ理由
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 先月末に発売されたアフタヌーンの『ぼく愛』コミック版の連載ですが、今回はクラナン編です。なかなか面白いです。

『アフタヌーン 2016年7月号』 http://amzn.to/1sYsqgq

 さて、先週、ツイッターで告知したように、音声入力によって原稿を書くことを試してみました。

●スマホの音声入力で原稿を書く方法
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52082720.html

 たしかに、iPhoneのSiriもGoogleのAndroidも、なかなかの精度で、しゃべったことをテキストにしてくれます。しかし、これで原稿を書くスピードが上がるかというと、たぶん、僕の場合は上がりません。というのも、僕の場合は、原稿を書く際に、実際にタイピングする時間は、全体の1割もないからです。何を書くのか考えて、そのために必要なデータを集めて、また、考えて……、というような時間のほうが圧倒的に長いので、その1割のところで多少効率が良くなっても、どうにもなりません。逆に、あまり考えずに、ほとんど内容のない文章をダラダラと書いているようなライターには、かなりスピードアップになるかもしれません。
 しかし、以下の点は、非常に便利だと思いました。

(1) メモとして使える
(2) 散歩しながらスマホにしゃべれば原稿が書ける
(3) スピーチの練習になる

 (1)ですが、Gmailを立ち上げるだけでいいので、Evernoteより早くメモれます。というか、Evernoteがアホみたいに遅いのですが……。(2)はかなり便利ですね。というのも、散歩しているときって、いいアイディアが浮かびやすいのですが、その時間に原稿が書けるのはいいです。しかし、僕にとって大切なのは(3)です。
 僕は長らくキーボードで文字を書いているので、手で文字を書く能力が退化してしまいました。いまでは、ちょっと難しい漢字は手ではまったく書けません。それと同じように、僕は研究者をし...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る