№132迷った人へのアドバイスシリーズ

№132迷った人へのアドバイスシリーズ

2016年06月07日発行

昨日の舛添都知事の記者会見は、大方の皆さんが予想しておられたとおりだったろうと思います。
不適切だったが、違法ではない。違法ではないが不適切だった、ということです。
不適切だったという当然の判断を下すために何故あれほどの大掛かりな舞台を用意しなければならなかったのか、という思いが多くの皆さんの心に残っているだろうと思います。
不適切な支出であることは既に多くの人が指摘しており、別に舛添氏が指定する弁護士の判断を待つまでもないのですから、問題は不適切な支出や公私混同がどこから違法性を帯びることになるか、という難しい判断です。
もっぱら政治資金規正法しか視野に入れていないと、政治資金規正法上は違法ではないという判断に落ち着くこともありますが、別の観点からは法に抵触する違法行為だと見做されることがあります。
舛添氏が指定する弁護士の判断を多くの国民が受け入れるか、その結論で納得できるか、というのがこれからの問題です。
政治資金規正法上は違法とは言えなくとも、個人の属さない団体の公的な資金を私用に流用したということになると横領や背任の問題になるわけですから、団体としての自律性や独立性が確立しているところではこうした公私混同は絶対に許されないことになります。
この問題はまだまだ尾を引きそうだな、というのが私の感想です。
さて、参議院選挙が目前に迫ってきました。
私の周辺でも様々な悲鳴やら雄叫びが聞こえてくるようになりました。
そういう方々への何らかのアドバイスになれば、と思って、今週のメルマガのテーマは、迷った人へのアドバイスシリーズにしました。
今週の目次:
Ⅰ次の一手
①ここは皆さん、愚直に
②教えないのも教育の内かしら
③仏の顔は3度まである。チャンスが残っているのなら、何度でもチャレンジしよう
④なんで私の門を叩かなかったのか
⑤ガンバレ、ガンバレプロジェクト
⑥ありがとうございます、は、人を元気にする魔法の言葉
⑦選挙に出て蘇る人
⑧オンリーワンの人生
⑨働き場所を求めている政治家志望の若い方々には、おおさか維新の会がおススメの一つ
⑩未知の世界に足を踏み入れようとする方々へのとっておきのアドバイス
⑪私たちは、皆、修行中
⑫継続は力なりーまずは、休まないこと
⑬何はともあれ、私と繋がった人はそれなりに運がいい
⑭大事な仕事は3人の弁護士で対処せよー3人寄れば文殊の知恵
⑮波にもまれて尚沈まず
⑯人は自分が本当にやりたいことに辿り着いた時に最も輝く
⑰選挙本番を目前にして絶対的な恐怖を味わっているとメッセージを送ってきた若き友へ
⑱清原和博氏を何としても更生させてもらいたい
⑲子を褒める時も子を叱る時も、親はいつも子どもによかれと祈りながらする
⑳心が折れそうになったら、何はともあれ身体を動かそう
Ⅱ【産業法務時流研究】第4次産業革命 Industry4.0
産業法務研究会専務理事、社会保険労務士・行政書士の平川博さんの解説でお送りします。
Ⅲ㈳産業法務研究会(産法研)第30回月例会開催のご案内
日 時:平成28年6月29日(木曜日)午後4時30分~午後6時30分
場 所:セレクトガーデン池袋(東京都豊島区池袋三丁目1番11号)2階
【最寄りの駅】要町(地下鉄有楽町線)出口5番(祥雲寺方面)から徒歩1分
目 的:時流研究
①100円商店街の普及
②幻の魚の復活
③バスタ新宿の開業
④相次ぐ老舗の倒産
⑤夢の新薬の費用対効果
Ⅳ次回メルマガの発行予定

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る