第220号 Brexitショックから考える政治家が利用する人間の3つの本能、ヨーロッパの暗黒時代がはじまる、セブのホテルとレストランを一気に紹介、東京が稼いだお金で田舎のマイルドヤンキーは繁殖、他

第220号 Brexitショックから考える政治家が利用する人間の3つの本能、ヨーロッパの暗黒時代がはじまる、セブのホテルとレストランを一気に紹介、東京が稼いだお金で田舎のマイルドヤンキーは繁殖、他

2016年06月27日発行

// 週刊金融日記
// 2016年6月27日 第220号
// Brexitショックから考える政治家が利用する人間の3つの本能
// ヨーロッパの暗黒時代がはじまる
// セブのホテルとレストランを一気に紹介
// 東京が稼いだお金で田舎のマイルドヤンキーは繁殖
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 アジアの英語ビジネスの取材を終えて、日本に帰ってきました。どうも今年は猛暑の予想が多いようなのですが、いまのところ風が心地よく日本の気候はとてもいいですね。こんな清々しい日がずっと続くといいんですが。

●エルニーニョからラニーニャへ「極端気象」多発?
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO02859940X20C16A5000000

 恋愛工学の漫画がアフタヌーンで連載されておりますが、今回は生物学の話です。モテる男はモテるゆえにモテる、というモテスパイラル理論の根幹が解説されています。

『アフタヌーン 2016年8月号』 http://amzn.to/293VInH

 さて、先週は、イギリスのEU離脱問題(=Brexit、BritainとExitの造語)で、大騒ぎでしたね。イギリスは、ユーロも使っていないし、ヨーロッパでもスイスやノルウェーなど、EUに加盟していなくても繁栄している国はあります。今回の問題の本質は、イギリス、EU双方に、膨大な政治コストがかかるということではないでしょうか。
 これは離婚係争のようなものです。夫婦はともに損をして、弁護士は法的サービスを提供するので、弁護士は儲かり、その分のGDPは上がりますが、全体で見たら単にコストなだけです。イギリス国内では、国民が分断され、さらにイギリスとドイツ、フランスなどのEU主要国との争いも増えるでしょう。イギリス、EUともに大ダメージで、ご愁傷さまです。

●英EU離脱 公約「うそ」認める幹部「投票後悔」の声も
http://mainichi.jp/articles/20160627/k00/00e/030/145000c

●論点整理 英国EU離脱決定後の世界、小幡績
http://www.newsweekjapan.jp/obata/2016/06/eu-2.php

 今週も興味深い投稿がいくつもありました。見どころは以下のとおりです。

...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る