チャットボットの未来

チャットボットの未来

2016年07月24日発行

【今週の目次】
1 特集記事
チャットボットの未来


2 Techニュース解説

3 質問どんと来い!








■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


1 特集記事
チャットボットの未来


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



人工知能の進化で、ウェブビジネスが大きく変わろうとしている。その最前線がチャットボットだ。

サンフランシスコで7月中旬に開催されたMobileBeat2016のテーマは「チャットボット」。その中のセッションの中から面白そうな情報を書き出してみた。




◎GoogleとショッピングボットMeziを比較してみた。MobileBeat

MobileBeat2016のオープニングで、VentureBeatの創始者が、Google検索とショッピングボットを比較した体験談を語っている。

「まず結婚記念日にサンタ・クルーズの山の中にミニ旅行しようとして、GoogleでAirB&Bを検索しました。シリコンバレーにはなかなかいいAirB&Bがなく、あったとしても非常に高額。2時間かけてGoogle検索とGoogleマップで、ようやくいい物件を探し出したんです」。

「そのあと試しにショッピングボットのMeziにAirB&Bの物件を探してもらったんです。Meziは人工知能がベースのボットではあるんですが、人間がやり取りを監視しているようで、ユーザーの要望を正確に理解してくれます。要望を伝えると30分後に3つの物件を提案してきてくれました」。

「この体験から、次のような結論を得ました。1つには、検索エンジンとボット、それぞれよさがあり補完し合える関係にある、ということです」。

「今回の物件探しでは、Google検索で見つけた物件に決めました。そういう意味ではGoogle検索の勝利なんですが、でもそれは私が2時間という時間と労力をかけたからです。もしそこまで時間と労力をかけたくないのなら、30分で答えを出すMeziのほうが使えるサービスということになると思います」。「つまりGoogleは、時間をかけて複雑なことを調べるのに向いているということです。一方でボットは、時間と労力をかけたくユーザーには、検索よりも便利なサービスということになると思います」

「親戚の結婚式のため家族でアイルランド行きの飛行機を予約しようとしたときも検索とMeziの両方を試しました」。
「結論を言うと、Meziのほうが便利でした。1歳半の娘にも航空券が必要なことを、Meziは最初から指摘してくれて、娘の料金も含めた価格比較ができたからです」。

「一方でGoogleで情報を検索することで、直行便の存在を知りました。妻は妊娠中なので直行便のほうがありがたい」。

「なので、Meziに頼るだけではなく、自分でも調べてみることで、よりよい情報が得られると思います。どこまでボットに頼り、どこから自分で調べるのか。療法をうまく組み合わせることで、よりよい買い物ができるのだと思います」。

「ボットはまだ黎明期。今はまだ使い勝手が不十分なところがあると思いますが、自然言語処理や人工知能の進化でボットはこれからますます賢くでしょう」
「検索エンジンのほうも、対話型UIへと進化していくと思います」

https://www.youtube.com/watch?v=26-C7Lo0sGM





◎「ボットとボイスは無数のデバイスを結ぶハブになる」KikのJosh Jacobs氏

IoTやスマートホームの機器を結びつけるたい企業がこれまで何度も業界標準を提唱してきたが、すべての企業が合意する業界標準を打ち立てることが難しかった。ところがボイスやチャットボットという『業界標準』に異論を唱える企業は皆無で、「すべてのデバイスがボイスやボットを核につながろうとしている」とkikのJacobs氏は指摘する。
Kikはアメリカで若者に人気のチャットサービス。早くからボットには積極的で、現在のボット・プラットフォームの全身として2,3年前に「プロモーテッド・チャット」というサービスを開始している。その中でバーガーキングのチキン・フライのボットをリリースした。

▶数分の対話で人は元気になれる。ボットはそのニーズを満たしている

「最初はだれが何の目的でボットを話をするのかよく分からなかった。でも実際にやってみて分かったのは、メッセージングのユーザーって、数分間のちょっとした会話を求めているということ。会話は友人とでもいいし、企業とでもいい。だれかとちょっとだけ会話したい、というニーズがしばしばあるということだ。会話をすることでちょっとだけ元気になれる。ボットって、そのニーズを満たしているんだと思う」...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン

バックナンバー

  1. 最終回。長い間お世話になりました

    2016年07月25日発行

  2. チャットボットの未来

    2016年07月24日発行

  3. VRでうつ病対策

    2016年07月16日発行

ページの先頭へ戻る