№143政治の新しい潮流を読む

№143政治の新しい潮流を読む

2016年08月22日発行

今日、リオ・オリンピックの閉会式が行われました。
安倍総理がスーパー・マリオに扮し、小池東京都知事が着物姿で五輪旗を受け取るなど、まさに2020年東京オリンピックの成功に向けて政府と東京都が一心同体になって世界の人々をお招きする、という意気込みが見事に示されたと思います。
過日の東京都知事選挙の喧騒が遠い昔のことのように思われてきます。
今日から2020年東京オリンピックに向けて新しい時代が始まる、まさに今、私たちは新しいスタートラインに立ったのだな、と思っております。
さて、民進党の代表選挙が目前に迫っておりますが、未だに蓮舫氏の対抗馬の名前が上っておりません。
日本の将来のために、民進党にはもう少し元気を出してもらいたい、と思っております。
様々な願いを籠めて、今週のメルマガのテーマは、政治の新しい潮流を読む、ということにしました。
今週の目次:
Ⅰさて、これから何が起きるか
①自民党都連はいつ新執行部を発足させるのか
②誰も言わないからあえて言おう。江田憲司氏は民進党の代表選に名乗りを上げるべき
③今の段階で選択肢の一つ、ということは、小池新党の設立はまずないと見た方がいい
④小池さんに必要なのは、小池軍団を束ねるタフ・ネゴシエイターではないだろうか
⑤いや、驚いた。小池、猪瀬、若狭の3人組が天下を引っ繰り返しそうだ
⑥築地市場の豊洲移転は不可避だが、急ぎ過ぎて手抜きをしてはいけませんね
⑦先手必勝。若狭さんは10月の衆議院東京10区の補欠選挙に名乗りを上げるべし
⑧小池さんは、いつ橋下さんとチームを組むか
⑨今の段階での自民党の総裁任期の延長議論は止めた方がいい
⑩民進党の代表選挙に期待
⑪いいライバルに恵まれない不幸
⑫臨時国会が始まらないと、超党派議連も動かない
⑬2020年東京オリンピックに向けて、小池さんは、今日、五輪の旗を受け継いだ
Ⅱ【産業法務時流研究】ウェアラブル機器の普及
産業法務研究会専務理事、社会保険労務士・行政書士の平川博さんの解説でお送りします。
Ⅲ㈳産業法務研究会(産法研)第32回月例会開催のご案内
日 時:平成28年8月30日(火曜日)午後4時30分~午後6時30分
場 所:セレクトガーデン池袋(東京都豊島区池袋三丁目1番11号)2階
【最寄りの駅】要町(地下鉄有楽町線)出口5番(祥雲寺方面)から徒歩1分
目 的:時流研究
①VR(仮想現実)元年
②動画広告の急増
③創業家と経営陣の相次ぐ対立
④脱毛症の再生医療
Ⅳ次回メルマガの発行予定

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る