№147注目される豊洲風評被害を解消するための小池都知事の次の一手

№147注目される豊洲風評被害を解消するための小池都知事の次の一手

2016年09月19日発行

リオのパラリンピックの閉会式が今日行われました。
実に見事なものです。
障害のある方がこんなにも美しく、個性的で輝いておられるのを見るのは初めてです。
健常者と障がい者の間にある垣根を見事に取り払ってくれたように感じました。
やはり私たちはいつまでも固定観念に捉われていてはいけませんね。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが本当に待ち遠しくなりました。
それにしても東京都知事に小池さんがなってくれて本当によかったと思います。
小池さんは必ず東京都政を変えてくれるはずだ。私は、そう思っています。
小池さんはリオに出発する直前に緊急記者会見を開催し、豊洲市場の建物棟の地下に盛り土がされておらず、空洞になっていたことを公表されました。東京都が従前東京都議会に対してしていた説明とはまったく異なっていることからマスコミはじめ多くの方々が大騒ぎをしてきましたが、どうやらここに来て大方の事情が判明してきたようです。
まもなく都庁関係者による調査報告書が公表されるようですが、どうにか一安心していい状況のようです。
豊洲市場の風評被害を懸念する声が高くなってきましたので、今日のメルマガはこのあたりのことについて書いておきたいと思います。
今週の目次:
Ⅰ小池都知事の次の一手を読む
①共産党都議団の公表の前に先手を打ったのだとしたら、小池さんの緊急記者会見は秀逸
②こういうのを間抜け、って言うんでしょうね
③豊洲より築地の方がひどいぞー、などと言われても困ってしまう
④長丁場の戦いは、小池流ヒット&アウェー戦法がよさそうだ
⑤まずは、小池政治塾の発足に期待
⑥豊洲はかなりヤバそうだが、それでも手を入れれば使えそうだ
⑦いずれにしても、来年の都議会議員選挙が次の転換期
⑧さて、私のブログ記事でどれだけの人が風評被害に遭われただろうか
⑨カリスマ知事の陰で誰かが悪さをしていた、という話になるのかしら
⑩小池さんの味方は、情報公開と世論とまだ非力な一部の都議会議員というところかしら
⑪小池知事が帰国する頃には、豊洲・建物棟地下空洞問題の調査結果の大要が判明するはず
Ⅱ【産業法務時流研究】進化する冷蔵庫
産業法務研究会専務理事、社会保険労務士・行政書士の平川博さんの解説でお送りします。
Ⅲ㈳産業法務研究会(産法研)第33回月例会開催のご案内
日 時:平成28年9月28日(火曜日)午後4時30分~午後6時30分
場 所:セレクトガーデン池袋(東京都豊島区池袋三丁目1番11号)2階
【最寄りの駅】要町(地下鉄有楽町線)出口5番(祥雲寺方面)から徒歩1分
目 的:時流研究
①最先端のアウトドアグッズ
②縦横に動くエレベーター
③成長するフィットネスクラブ業界
④ウェアラブル機器の普及
⑤遠隔医療の幕開け
Ⅳ次回メルマガの発行予定

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る