第236号 現代社会でも可能な一夫多妻のスキーム、米大統領選挙は佳境へ、出雲大社参拝と島根県の温泉巡り、ロードサイドのハイエナこと井戸実さんと対談 前編、童貞ですがそのことを正直に話したほうがいいのでしょうか、他

第236号 現代社会でも可能な一夫多妻のスキーム、米大統領選挙は佳境へ、出雲大社参拝と島根県の温泉巡り、ロードサイドのハイエナこと井戸実さんと対談 前編、童貞ですがそのことを正直に話したほうがいいのでしょうか、他

2016年10月19日発行

// 週刊金融日記
// 2016年10月19日 第236号
// 現代社会でも可能な一夫多妻のスキーム
// 米大統領選挙は佳境へ
// 出雲大社参拝と島根県の温泉巡り
// ロードサイドのハイエナこと井戸実さんと対談 前編
// 童貞ですがそのことを正直に話したほうがいいのでしょうか
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 最近は肌寒くなってきましたね。秋も深まってきたようです。上海蟹にジビエにと、美味しい食材が楽しめる季節ですね。先週は、島根県を旅行していたのですが、美味しいものを食べて心身ともにリフレッシュしたい、という目的だったら国内の温泉旅行がやっぱり一番だな、と思った次第です。
 先日、ステーキけんなどのレストランフランチャイズを経営する井戸実さんと対談したのですが、その原稿が上がってきました。今週は前編を掲載しております。後編は、教育論や出会い系アプリについての議論など、さらに面白くなります(笑)。来週号のメルマガに掲載しますので、楽しみにしていてください。

●【対談】ステーキけん井戸実vs藤沢数希「ショーンKを雇いたい」
http://www.mag2.com/p/news/223987

 さて、文科省は大学入試改革をやっていまして、いまの中学2年より下のお子さんを持っている読者の方は、新しい制度の入試になります。このメルマガでも受験工学は、子育てにおける重要分野として研究しており、ウォッチしておりました。どんな入試になるのか、かなり見えてきたようです。

●新共通テスト「記述式」大学が採点 1月実施のまま
http://mainichi.jp/articles/20161018/k00/00m/040/103000c

 これからは人工知能の時代だから、暗記力や計算力より、高度な思考力や想像力を育む教育が大切だということで、日本中の偉い学識経験者が集まって何年も議論し、センター試験に記述式の問題を入れよう、ということが決まりました。そのあと、50万人の答案用紙の採点は誰がやるんだ、ということで何年も右往左往していたのですが、結局、採点は大学教員に丸投げすることになったようです。大学教員の雑用が激増ですね。そして、この新しいセンター試験には、いったいどんなメリットがあるのでしょうか。
 結局、文科省の役人や偉い有識者の人たちに高度な...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る