第237号 ロードサイドのハイエナこと井戸実さんと対談 後編、任天堂スイッチ発表、青山の三つ星和食、ペンパイナッポーアッポーペン、他

第237号 ロードサイドのハイエナこと井戸実さんと対談 後編、任天堂スイッチ発表、青山の三つ星和食、ペンパイナッポーアッポーペン、他

2016年10月25日発行

// 週刊金融日記
// 2016年10月25日 第237号
// ロードサイドのハイエナこと井戸実さんと対談 後編
// 任天堂スイッチ発表
// 青山の三つ星和食
// ペンパイナッポーアッポーペン
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 最近はすっかり寒くなってきましたね。東北のほうではもう紅葉がはじまったようですね。外国人観光客誘致のための紅葉スポットのリサーチを今週はしてこようと思います。また、メルマガに書きます。

●紅葉情報 2016
https://sp.jorudan.co.jp/leaf/

 任天堂が次のゲーム機の"Nintendo Switch"を発表しました。Wii Uは、なんか中途半端にひとつだけタッチパネルの大きなコントローラが付いていて、見たときにこれはダメかなぁ、という印象を持ったのですが、こっちのSwitchのほうは僕はかなりイケるんじゃないかと思います。しかし、株式市場のほうは期待ハズレだったのか、発表された翌日には株価が大きく下落しました。また、ゲームマニアの評判もイマイチです。詳細なスペックは発表されていませんが、類推される性能がかなり貧弱だと思われているからです。まあ、要するに、タッチパネルのないタブレットで、Play StaionやX Boxなどと比べると、一昔前のスペックになりそうな感じです。
 しかし、ゲームが流行るかどうかは、一部のゲームマニアの嗜好などまったく意味がなく、いかにライトユーザーをたくさん取り込めるかにかかっているわけで、僕からみたら、すでにWii Uで性能的にはオーバースペックで、何をか言わんや、という感じですね。おそらく、Switchを持ち寄って、友だち同士でリアルに対戦ゲームができるような仕様で、これはいいんじゃないかと思いました。Wii Uなどのインターネットを通した対戦より、友だちと対面しての対戦のほうが面白いですからね。
 僕が人生で一番ハマったゲームを3つ挙げろと言われたら、対戦型ボンバーマン(ゲームボーイ、PCエンジン)、ストリートファイターII(アーケード、スーパーファミコン)、ダービースタリオン(PC-98)です。毎日のように友だちと対戦していて、この人間同士の駆け引きがたまらなく面白く、また、後から考えると、ビジネスでも投資でも恋愛でも、結局は対戦ゲームなので、非常に...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る