第239号 金持ちになるためにサラリーマンをいつ辞めるべきか、旨いものをなんでも食べさせてくれるフレンチ、米大統領選前夜、ラブレター・ルーティーンの実証研究、他

第239号 金持ちになるためにサラリーマンをいつ辞めるべきか、旨いものをなんでも食べさせてくれるフレンチ、米大統領選前夜、ラブレター・ルーティーンの実証研究、他

2016年11月08日発行

// 週刊金融日記
// 2016年11月8日 第239号
// 金持ちになるためにサラリーマンをいつ辞めるべきか
// 旨いものをなんでも食べさせてくれるフレンチ
// 米大統領選前夜
// ラブレター・ルーティーンの実証研究
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 11月になり外はずいぶんと寒くなってきましたね。そして、ボラティリティが跳ね上がり多大なヘッジコストがかかるクリスマスというイベントもすぐにやってきてしまいます。みなさん、がんばってください。

『週刊金曜日 第37号 クリスマスは最大の別れイベント』
『週刊金曜日 第75号 最新のゲーム理論に基づくプレゼント戦略のガイドライン』

 最近、Twitterのほうで、藤沢数希のなりすましアカウントがちょくちょく出てきて、Twitter社に凍結するように「報告」しておりました。その際に、僕の身分証などをアップロードするように言われ、運転免許証や印税の明細書などを提出しておりました。そんなことをごちゃごちゃやっていたら、僕のTwitterアカウントのほうに水色の認証マークが付きました。まあ、認証マークが付いたからどうというわけではないのですが、災い転じて福となす、と言った感じですね。
 みなさん、なりすましアカウントには気をつけてください。いまは本物には「認証マーク」が付いております!

 さて、最近、読んだ本で面白かったものを紹介しましょう。まず、1冊目は戦後最大の経済犯罪と言われているイトマン事件の内部告発者だったという國重氏の著作です。

『住友銀行秘史』國重惇史 http://amzn.to/2fp6EQp

 イトマン事件というのは、簡単に説明すると、住友銀行の天皇と呼ばれた偉い会長のお気に入りの子分が中堅商社のイトマンに出向して、そのまま社長なんかをしていたのですが、この人が暴力団や詐欺師に毟られました。そして、損を取り返そうとしたりして、そこでも失敗し、つぶれて不祥事が発覚しても困ると思った住友銀行の幹部が、際限なく追い貸しをして、あれよあれよという間に5000億円ほど穴を空けて、そのかなりの部分がヤクザに流れた、というとんでもない話です(笑)。
 國重さんは、銀行マンとしてメモを几帳面に取る人だったのですが、内部告発に向けて溜めていたメモをこの本で、ほぼすべての関係者を実名で公開...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る