第244号 僕たちのロッカールームトーク、FOMC利上げでひとまず材料出尽くしか、石垣島にめちゃくちゃ安く行けました、恋愛工学生たちと大阪で会ってみた、他

第244号 僕たちのロッカールームトーク、FOMC利上げでひとまず材料出尽くしか、石垣島にめちゃくちゃ安く行けました、恋愛工学生たちと大阪で会ってみた、他

2016年12月14日発行

// 週刊金融日記
// 2016年12月14日 第244号
// 僕たちのロッカールームトーク
// FOMC利上げでひとまず材料出尽くしか
// 石垣島にめちゃくちゃ安く行けました
// 恋愛工学生たちと大阪で会ってみた
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 ネット界隈では、先週も、著作権を回避する方法でパクリ記事を量産し、SEOでGoogleの検索エンジン上位を独占し、ネットでの広告収入を総取りしようとしていたDeNAのメディア事業が閉鎖された事件が話題でした。他の大手もひっそりと同じビジネスモデルのサイトを閉鎖しました。一方で、チャンスとばかりに、個人経営のさらに悪質なサイトがGoogleの検索順位の上位を狙っています。

●DeNA運営サイト閉鎖で、他社も相次ぎ
http://www.news24.jp/articles/2016/12/05/06348303.html

 世間ではこのDeNAの問題に関する記事が山ほど書かれていますが、じつはこの問題も恋愛工学の力を使えば簡単に読み解くことができます。オタサーの姫で無双状態だった村田マリ女史がネット界隈のエンジニアたちを束ねてどんどんサイトを成長させました。そして、最後には、恋愛工学を知らないDeNAの経営陣たちを非モテコミットさせて、彼女の作ったサイトを50億円という超高値で売ることに成功しました。その後は、DeNA経営陣が、この50億円のサンクコストバイアスに囚われてしまい、非常に高額な買収価格を正当化するために、無理なビジネスに突っ込んでいった、ということです。じつは、恋愛工学の知識の欠如こそが、今回の問題を引き起こした可能性が高いのです。
 と、このような内容の記事をSEOの歴史とともに書いていたのですが、急遽、それを差し替えることになりました。
 恋愛工学コミュニティが、突如として存亡の危機に立たされることになったからです。
 今週のコラムは、そのことについてです。


1.僕たちのロッカールームトーク

 今週はいい知らせと悪い知らせがある。いい知らせは、恋愛工学の研究も成熟期に差し掛かり、コミュニティのメンバーは各々が自分たちのやるべきことを見据え、充実した日々を送っているということだ。また、恋愛工学をきっかけとして、多くの読者同士がリアル社会でも出会い、かけがえのない友を作っ...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る