第245号 アカデミックでもビジネスでも差ができるのはナンパスキル、クリスマス前に任天堂のマリオは走らず、ヒルズの星降る夜に、横浜駅プロトコル完全保存版、他

第245号 アカデミックでもビジネスでも差ができるのはナンパスキル、クリスマス前に任天堂のマリオは走らず、ヒルズの星降る夜に、横浜駅プロトコル完全保存版、他

2016年12月20日発行

// 週刊金融日記
// 2016年12月20日 第245号
// アカデミックでもビジネスでも差ができるのはナンパスキル
// クリスマス前に任天堂のマリオは走らず
// ヒルズの星降る夜に
// 横浜駅プロトコル完全保存版
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 事前に察知していた文春砲ですが、結論からいうと、今回も我々は大切なものを守ることができました。個人の尊厳、そして、我々の内面的自由(表現の自由、良心の自由、思想の自由)を守るため、勇気を持って立ち上がり、共に戦ってくれたみなさんには、心から感謝したいです。

●週刊文春の記事について
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52098884.html

 最初の閃光の中に「私淑」という文字が現れたとき、誰もその意味がわからず、我々のコミュニティは大変な混乱に見舞われました。しかし、(ググって)すぐにその意味を理解すると、その後は、みんな冷静に対処することができたと思います。

【私淑】(ししゅく): 直接に教えは受けないが、ひそかにその人を師と考えて尊敬し、模範として学ぶこと。

 以下は改めてブログにも書こうと思いますが、文春の記事からわかったことを簡単にまとめておきます。

[1] 千葉大生の容疑者は恋愛工学をぜんぜん読んでいなかった!

 記者から送られてきた質問状は、容疑者が恋愛工学から影響を受けた、と言わんばかりの書き方でしたが、ソースは教えてくれませんでした。そして、彼女は、なぜか「影響を受けた」とは決して言わず、「関心を示していた」とばかり繰り返し言うので、なんかおかしいなぁ、と思っていたのですが、記事を読んだら、その謎が解けました。
 彼女がつかんだというソースは、容疑者の方のTwitterアカウントと思わしきものに、今年の夏<週刊金融日記なるものの存在を知った。恋愛工学のバイブル的な存在のようだが手を出すべきか出さざるべきか>と書かれていただけでした。
 これ、恋愛工学を勉強しようかどうか迷っている、と書いてるだけじゃん……。しかも、事件は今年の9月に起きている。いくら千葉大医学部が東大よりだいぶ偏差値が高いとはいえ、どんな秀才でも、1ヶ月足らずで恋愛工学は学べないよ……。
 皮肉なことに、文春の記事によって、恋愛工学の...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る