第247号 掃き溜めのようなインターネットの世界で生き抜くために(ネットでコンテンツを売る方法 その3)、2017年は反グローバリゼーションが加速するのか、東麻布の隠れ家で和食、恋愛工学は鬱病治療に効果的、他

第247号 掃き溜めのようなインターネットの世界で生き抜くために(ネットでコンテンツを売る方法 その3)、2017年は反グローバリゼーションが加速するのか、東麻布の隠れ家で和食、恋愛工学は鬱病治療に効果的、他

2017年01月03日発行

// 週刊金融日記
// 2017年1月3日 第247号
// 掃き溜めのようなインターネットの世界で生き抜くために(ネットでコンテンツを売る方法 その3)
// 2017年は反グローバリゼーションが加速するのか
// 東麻布の隠れ家で和食
// 恋愛工学は鬱病治療に効果的
// 他


 新年明けましておめでとうございます。藤沢数希です。
 ところで、先月、文春砲が僕たちのコミュニティに向けられたとき、僕は読者一人ひとりを「ダイ・ハード」で凶悪なテロリストたちと戦うジョン・マクレーン刑事にたとえたのですが、実際にそのあとDVDを見返していました。1988年に放映されたのですが、いま見てもなかなか面白いです。

●ダイ・ハード ブルーレイコレクション
http://amzn.to/2gENEyu

 テロリストたちに占拠される高層ビルはナカトミプラザと呼ばれ、ナカトミ商事という日本企業が作ったものです。そして、ナカトミ商事のタカギ社長の下でアメリカ人たちが働いており、クリスマスパーティーで日本の重役たちが集まっている日がテロリストに狙われたわけです。日本にも、そういう時代があったわけですね。
 まあ、大人になったあとに見ると、いろいろリアリティが感じられないところもあるのですがね。たとえば、テロリストのチームには高度なコンピュータ・セキュリティをハックする天才プログラマや、訓練された命を顧みない戦闘員がおり、リーダーは何カ国語も操るインテリです。このチームはロサンゼルス市警を手玉に取り、重武装のFBIの部隊を簡単に蹴散らすのですが、彼らのこのミッションの目的は金で、みんなで南の島で一生遊んで暮らすことが夢です。こんだけ優秀なチームだったら、IT企業を起ち上げるか、ヘッジファンドでもやれば、簡単に南の島で一生遊んで暮らせるのですがね……。
 そんな野暮なツッコミはさておき、やはり名作で、いま見てもとても面白い映画でした。

 さて、第246号はGoogleのジレンマについて書いたわけですが、ネットメディアのダメっぷりはむしろ本場の英語圏のほうで問題になっており、たとえばホロコーストを調べようとすると、「ホロコーストはなかった」というようなデマ記事がGoogleの検索エンジンでトップページに来てしまうわけです。

●ホロコースト否定サイトが検索結果上位に…グーグル...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る