№163変貌しつつある日本の選挙

№163変貌しつつある日本の選挙

2017年01月09日発行

やはり今年も選挙の年ですね。
かなり大きな変動がありそうです。
今年の選挙を左右するのは、自民党でも民進党でも日本維新の会でもありません。
東京都知事の小池さんがどう動くかで、バタバタと風景が変わりそうです。
目が離せないと言えばこれほど目が離せない時期は、滅多にないでしょう。
今週のメルマガは、日本の選挙に旋風を巻き起こすことが必至の小池政治塾=希望の塾に焦点を当ててみました。
今週の目次:
Ⅰ日本の選挙が大きく変わろうとしている
①これで解散などしようものなら腹黒だと言われかねないから、1月解散はなくなった
②希望の塾をさらに発展させていただきたい
③選挙を戦うのは、あくまで自分。小池さんではない
④願掛けあれこれ
⑤底辺から民意を掘り起こしつつある希望の塾
⑥都議選対策講座の次は区議選対策講座かしら
⑦試験という非情なものを、どうやって人に優しいものに変えていくか
⑧解散については嘘を吐いていい、というのは永田町だけに通じる神話の類だろう
⑨こういうことを一度はやって見たかったー現職議員の度肝を抜く希望の塾の筆記試験
⑩自民党が候補者差し替えをやったら、自民党の選挙が変わる
⑪「ビヨンドXフォーラム寺子屋ー挑戦者たちの集いー」がいいかな?
Ⅱ【産業法務時流研究】総合スーパーの店舗閉鎖ラッシュ
産業法務研究会専務理事、社会保険労務士・行政書士の平川博の解説でお送りします。
Ⅲ㈳産業法務研究会(産法研)第37回月例会開催のご案内
日 時:平成29年1月25日(水曜日)午後4時30分~午後6時30分
場 所:セレクトガーデン池袋(東京都豊島区池袋三丁目1番11号)2階 【最寄りの駅】要町(地下鉄有楽町線)出口5番(祥雲寺方面)から徒歩1分
目 的:時流研究 ①変わり種豆腐の登場
②進化する音声合成システム
③福祉の最先端技術
④注文と支払事務の驚異的な簡素化・自動化
Ⅳ次回メルマガの発行予定

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る