「米-中、中-台」のトラブル解決は、小沢一郎代表だけができ、安倍晋三首相はトランブ新政権から「日本叩き」

「米-中、中-台」のトラブル解決は、小沢一郎代表だけができ、安倍晋三首相はトランブ新政権から「日本叩き」

2017年01月12日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年1月12日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「米-中、中-台」のトラブル解決は、小沢一郎代表だけができ、安倍晋三首
相はトランブ新政権から「日本叩き」
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 財政難と借金返済に苦しみ続けた米国バラク・オバマ大統領は1月10日夜
(日本時間11日午前)、シカゴで任期最後の演説を行った。日本から「巨額
資金」をムシリ取り続けた疫病神だった。だが、中国北京政府への返済金(国
債4000兆円、債務1京2000兆円=計1京6000兆円)を焦げ付かせ
たままドナルド・トランブ新政権に押し付けて、1月20日退陣する。北京政
府は、「1つの中国」原則をタテに、中華民国(台湾)の蔡英文総統とトラン
プ新政権の親密化に強く反発。中国初の航空母艦「遼寧」号(母港・山東省青
島軍港)を2016年12月下旬、初めて西太平洋に向けて進出させ、台湾を
東側から回り込む形で海南島の基地へ移動、付近の南シナ海で訓練を行い、1
1日午前、台湾海峡を通過、台湾の周りを一周して威嚇した後、北に向けて航
行、青島の基地へ向かったという。天皇陛下を戴く世界支配層(ゴールドマン
・ファミリーズ・グループ)にごく近い筋によると、この背景には、「米-
中、中-台」関係のトラブルがあり、これを解決できるのは、自由党の小沢一
郎代表だけだという。ただし、小沢一郎政権が誕生しなれば、いつまで経って
も、解決できず、安倍晋三首相は、トランブ新政権からの激しい「日本叩き」
(トヨタ自動車から始まったメキシコ進出企業叩き、日産自動車、ホンダ、マ
ツダ、デンソー、山陽特殊鋼、住友理工、ソニーなどしめて899社)に悩ま
され続けるという。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る