第251号 サピエンス全史と生物学的欠陥で滅亡しつつある人類、国は貿易黒字を稼ぐ会社じゃないと何度言ったら……、麻布の高級住宅地にある朗らかな和食、東京でオススメな安い居酒屋、他

第251号 サピエンス全史と生物学的欠陥で滅亡しつつある人類、国は貿易黒字を稼ぐ会社じゃないと何度言ったら……、麻布の高級住宅地にある朗らかな和食、東京でオススメな安い居酒屋、他

2017年02月01日発行

// 週刊金融日記
// 2017年2月1日 第251号
// サピエンス全史と生物学的欠陥で滅亡しつつある人類
// 国は貿易黒字を稼ぐ会社じゃないと何度言ったら……
// 麻布の高級住宅地にある朗らかな和食
// 東京でオススメな安い居酒屋
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 本当に最近、寒いですね。カニでも食べてしのぎたいところです。
 連載中のコミック版の『ぼくは愛を証明しようと思う。』は、わたなべ君がプレイヤーとなるところです。なんか顔つきが変わってきました(笑)。もうすぐ第二巻が発売できそうです。
 
『アフタヌーン 2017年3月号』 http://amzn.to/2kre3Re

 さて、何かと話題にことかかないトランプ大統領ですが、こと経済政策については、笑ってしまうほど1980年代~90年半ばぐらいのアメリカが双子の赤字に苦しみ、日本などの新興国の経済成長が著しいころに出てきた「俗流経済学」の話ばかりです。そして、それに対する、識者たちの(間違った)反応も当時と同じです。
 これは経済学をまじめに勉強したことがないけど、経済に詳しいと自分で思っている人が陥りがちなよくある間違いなのですが、政府を会社のアナロジーで理解しようとすることです。要するに、政府は大きな会社だと。会社は利益(=売上-経費)を稼ぐために他の会社と競争しており、そこでの競争に負けると利益がなくなり、最後には倒産してしまうわけです。国では、この利益が貿易黒字に相当すると。だったら、ずっと貿易赤字が続いているアメリカやイギリスは、どうして豊かなのでしょうか。永遠に赤字が続いているのだから、国=大きな会社というアナロジーが正しければ、とっくに倒産しているはずですよね。逆に、バナナを売って外貨を稼いでいる途上国は豊かなのでしょうかね。よく考えれば、すぐにこのような考え方は間違いだとわかるはずです。
 俗流経済学を唱えている人たちは、貯蓄・投資バランスという、簡単な会計の恒等式も理解していないわけですね。

 貯蓄-投資 = 輸出-輸入

 日本や中国の貿易黒字はこうした国の貯蓄超過になって、そのお金でアメリカ国債やアメリカの企業の株などを買ってアメリカに投資している、というコインの裏と表の話に過ぎないわけです。ぶっちゃけた話、紙切れを刷れば外国が喜んで買ってくれて、自国...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る