第252号 地方ナンパと恋愛市場の地理的効率性について、ゴルフで安倍首相はトランプ大統領のマブダチに、白金高輪の大人なフレンチ、トヨタ生産方式と恋愛工学は同じものだった、他

第252号 地方ナンパと恋愛市場の地理的効率性について、ゴルフで安倍首相はトランプ大統領のマブダチに、白金高輪の大人なフレンチ、トヨタ生産方式と恋愛工学は同じものだった、他

2017年02月06日発行

// 週刊金融日記
// 2017年2月6日 第252号
// 地方ナンパと恋愛市場の地理的効率性について
// ゴルフで安倍首相はトランプ大統領のマブダチに
// 白金高輪の大人なフレンチ
// トヨタ生産方式と恋愛工学は同じものだった
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 最近、風邪が流行っていますね。みなさんも気をつけてください。日本って一番風邪が流行る時期に中学、高校、大学と、一発勝負の大切な入学試験があるんですよね。まったく、大変なことです。
 もうすぐ、新潮社から結婚に関する新書が発売されます。Kindle版もすでに予約受付になっていますが、こちらは紙の方より一週間ほど遅れての配信になります。

『損する結婚 儲かる離婚』 http://amzn.to/2kH53rh

 ところで、週末に人文学の大学教授の方が恋愛工学を批判する論文を発表して、またもや我々は謂れのない非難を受けることとなりました。まあ、相手への尊重が足りないだとか、愛とは相手の幸せを願う行為であるとか、そんなことが書いてあったと思います。論点自体は、特に目新しいものではなく、もはや定期イベントの感があり、我々のコミュニティはほとんど何の影響も受けなかったわけですが。
 思ったのですが、僕のような科学の分野で学位を取り、そのあとは、数字で結果が出てくる金融の仕事をしてきたようなバックグラウンドだと、人文学の多くの研究が笑ってしまうようなおかしなものに見えてしまいます。何か根本的に間違っていることに対して、延々と言葉遊びをしている、というか……。
 それで、ふと気がついたのですが、こうした人文系の学問は、ある意味で、根本的に間違っていることにこそ意味があるのかな、と。というのも、エンジニアリングとか金融の分野だと、モノができてなんぼ、儲かってなんぼであって、何か主観に基づく机上の理屈などゴミのようなものなのですが、哲学だとか文学だとかは、そうではないのではないか、と。だって、人間はサルから進化した動物で、恋愛なんてヒトという大型哺乳類の繁殖活動である、なんて思いたくないじゃないですか。そもそも、進化論を全力で否定するために、キリスト教の荘厳なストーリーがあったりしますよね。また、歴史を見たって、戦争なんて、我々の祖先が相手の集団を襲って男を皆殺しにして、若い女を集団レイプしてい...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る