金正男氏暗殺の背景には、何と、米国ヒラリー・クリントン元国務長官との「腐れ縁」があった?

金正男氏暗殺の背景には、何と、米国ヒラリー・クリントン元国務長官との「腐れ縁」があった?

2017年02月16日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年2月16日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
金正男氏暗殺の背景には、何と、米国ヒラリー・クリントン元国務長官との
「腐れ縁」があった?
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=元帥の異母兄、金正男氏が2月13日、
マレーシア・クアラルンプールの空港で暗殺された。韓国メディアは、「方法
は毒殺。実行犯は北朝鮮の女性スパイと見られる。金正恩党委員長=元帥が暗
殺指令を出した」と報じている。だが、国際公安情報に詳しい専門家による
と、「金正恩党委員長=元帥が暗殺指令」説を否定している。金正男氏暗殺の
背景には、何と、米国ヒラリー・クリントン元国務長官との「腐れ縁」があっ
たという。ならば、真犯人は、何者か?

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る