トランプ大統領は、ロシアや北朝鮮情報を掴んでいたフリン前大統領補佐官を軽はずみに手離したことを惜しむ

トランプ大統領は、ロシアや北朝鮮情報を掴んでいたフリン前大統領補佐官を軽はずみに手離したことを惜しむ

2017年02月17日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年2月17日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トランプ大統領は、ロシアや北朝鮮情報を掴んでいたフリン前大統領補佐官を
軽はずみに手離したことを惜しむ
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 米国ドナルド・トランプ大統領は2月15日、イスラエルのネタニヤフ首相
との共同記者会見で、13日に辞任したマイケル・フリン前大統領補佐官(国家
安全保障担当)について「素晴らしい人物だが、偽メディアに不当に扱われ
た」と自ら辞任させたことを悔いるとともに、報道機関が辞任に追い込んだと
批判した。それは、中東和平や北朝鮮の非核化に本格的に取り組まなくてはな
らない大事なときに、ロシアや北朝鮮情報を掴んでいたフリン前大統領補佐官
を軽はずみに手離したことを惜しんでいるのだ。トランプ大統領は、自分がた
だの「操り人形」であることを忘れていたらしい。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る