「カメラを再定義する」スナップチャットは、視覚の世界をどう変えるのか 佐々木俊尚の未来地図レポート vol.437

「カメラを再定義する」スナップチャットは、視覚の世界をどう変えるのか 佐々木俊尚の未来地図レポート vol.437

2017年02月27日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
佐々木俊尚の未来地図レポート     2017.2.27 Vol.437
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.pressa.jp/


【今週のコンテンツ】

特集1
「カメラを再定義する」スナップチャットは、視覚の世界をどう変えるのか
〜すべてがリアルタイムの概念に収斂されていく未来を考える

特集2
「フェイクニュース」問題は日本の新聞・テレビも例外ではない
〜トランプ大統領と福島第一原発事故の共通項とは

未来地図キュレーション

佐々木俊尚からひとこと

EPUBファイル,Kindleファイルのダウンロード先は
メルマガ最後に掲載中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■特集1
「カメラを再定義する」スナップチャットは、視覚の世界をどう変えるのか
〜すべてがリアルタイムの概念に収斂されていく未来を考える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 視覚は、人間の五感の中でももっとも重要なものです。この視覚とIoT(Internet of Things、モノのインターネット)が連携すると何が生まれてくるのでしょうか。

 カメラで撮影された画像や映像をリアルタイムで解析し、リアクションする技術が進化しています。これまでのように画像をアーカイブとして見るのではなく、その場で瞬時に解析され、人間の手を介さずにリアクションを起こすということが可能になってきているのです。

 たとえば交通事故の瞬間をカメラが捉えたとします。歩行者が地面に倒れているのがカメラの映像で捉えられると、今までは監視カメラをモニターしていた人間の担当者が手動で119番通報していたのですが、これをシステムが自動的に処理できるようになる。人間のように見落としがなく、しかもずっとすばやく緊急通報ができるようになるでしょう。

 道路に無数のカメラを設置し、道路状況を監視できるようにすれば、このカメラと自動車が人の手を介さずに相互に通信するようになります。前にも本メルマガで指摘していますが、IoTで大切なのは「人の手を介さないこと」。たとえば炊飯器のメニューをスマホのアプリから設定できるというような機能は、決して本来のIoTではありません。炊飯器と住宅設備が勝手に相互通信し、住宅設備が人の手を介さずに炊飯器に指示を出せるようになることがIoTなのです。

 道路のカメラも同様で、人間の手を介さずに、自動車と道路カメラが勝手に通信するようになるのがIoTの未来です。たとえば道路の混雑状況はどの程度なのか、どこの脇道が空いているのかといった情報は、いまはスマホの渋滞アプリなどで配信されていて、ドライバーが運転しながら危なっかしく片手でスマホを持って目でチェックしているような状態ですが、これがいずれは人の手を介さなくなる。渋滞情報が道路のカメラやセンサーと自動車のあいだで勝手にやりとりされるようになるわけです。

 人間の手を介さなくなると、道路の状況をさらにすばやくリアルタイムで分析することができるようになります。たとえばどこかの交差点で、だれかの自動車が赤信号に突っ込んできたとします。これをカメラが察知したら、その交差点に進入しようとしている他の自動車にリアルタイムで通知し、緊急停止してもらう。人間の手を介するのと介さないのでは、コンマ数秒のタイムラグが生じて、このタイムラグが生死を分けることになるでしょう。

 このようなリアルタイムの解析を実現しているのは、ビッグデータとAIの技術です。言い換えれば、ビッグデータとAIによって解析のリアルタイム化が一気に進んできているのです。

 昨年公開された『ジェイソン・ボーン』というアメリカのスパイ映画でも、このリアルタイム解析の実現がわかりやすく描かれていました。この映画は2002年に公開されて人気だった『ボーン・アイデンティティ』のシリーズ最新作なのですが、第一作では、CIAに置かれているコンピュータにはブラウン管のモニタがつながれ、登場人物たちは公衆電話で会話していました。

 そして分析の方法も、監視カメラで撮影された映像を後からコンピューターにかけて分析するというやりかたが一般的だったのです。しかし2016年の最新テクノロジを取り込んだ最新作では、CIAは監視カメラだけでなく、街中で人々が撮影しSNSに投稿した画像や映像なども活用してリアルタイムに分析し、移動するジェイソン・ボーンの姿をつねにカメラの視界に捉えていくことに成功しています。

 ちなみにこの映画には「ぼんやりした写真から、顔の輪郭をくっきりさせて人物を特...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る