【Vol.371】楽天が真似できないZOZOTOWN高成長のカラクリ 物流の仕組みに差

【Vol.371】楽天が真似できないZOZOTOWN高成長のカラクリ 物流の仕組みに差

2017年02月27日発行

▼第371号
----------
2017/02/27
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
堀江貴文のブログでは言えない話
───────────────────────────────────
【今週の目次】
1.今週の一言
2.時事ネタオピニオン
3.ビジネスモデル教えちゃいます塾
4.近況報告
5.私のおススメレストラン
6.私のおススメデジタルガジェットコーナー
7.ホリエモンの言葉
8.メルマガでしか言えない海外ガイド
9.書評コーナー
10.ホリエモンWITH
11.今週のお題
12.Q&Aコーナー
13.プレゼントコーナー
14.今週のメディアスケジュール
15.先週のHIU通信
16.読者さんからの感想
17.編集後記
18.Q&Aその他編

【ホリエモン公式ページ】
http://horiemon.com/
【Facebook ホリエモン公式ページ】
https://www.facebook.com/horieofficial
【Google+ 堀江貴文ページ】
http://goo.gl/TNz90n

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1.今週の一言

 週末はサンフランシスコからのナパバレーです。毎年参加している、ナパバ
レープレミアムオークションに参加するためです。ナパバレー中のワイナリー
が参加してオークション用の最高の一樽を出品してきます。もう10年近く買い
続けているのですが、落札したワインは最高のクオリティ。なんといっても、
圧巻は試飲会。数百の蔵のワインが飲み放題。食事も食べ放題です。なんて贅
沢な会なんだろう。
 宿泊するメドウッドホテルも最高のホテルで、温水プールからゴルフ場まで
揃っているのです。
 というわけでオークション楽しんできます。飲みすぎる気がしますね……。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2.時事ネタオピニオン
 私が得た時事ネタのなかから気になるものをセレクト、極々私的な見解でコ
メントするコーナーです。

※締め切りの都合上、2月23日(木)までのニュースからセレクトしています。

【10】日本人、支払いは現金選好 カード保有は高水準=日銀
http://bit.ly/2lH0fCo
 世界を旅行していて思うことのひとつが、日本人の現金支払い率は異様なレ
ベルであること。小銭入れの保有率も世界最高だろう。アレだけ清潔であるこ
とに執着するのに、誰が触ったのかもわからないコインやお札を使いたがると
いうのも意味不明。マネロンや脱税対策にはキャッシュレスが一番。どうやっ
て使われたかをトレースできるからだ。

【9】講談社、ミリオンセラー無き増益 デジタルで稼ぐ
http://s.nikkei.com/2m5OEhg
 漫画をたくさん持っているのが強みとなっている。漫画はデジタル化と相性
が良く、これまで読んでいなかった層も取り込めているのもよい。これから紙
の本でミリオンセラーを出していくのはかなり難しく、組織をコンパクトにし
て世界も視野に向けてデジタル展開をすべきだろう。

【8】「Newton存続は社会的使命」 民事再生申請のニュートンプレスが発表
http://huff.to/2lR7lEu
 今回は本業には関係ない不祥事での民事再生である。しかし、このような科
学専門雑誌はただでさえ不調な雑誌ビジネスの中でも輪をかけて不調であり、
紙での事業再生はかなり難しいと言わざるを得ない。
 となるとデジタルでの展開であるが、私もHoriemon.comで科学技術の取材し
ているが、それもコンパクトな組織でやってるからなんとか採算がとれるレベ
ルなのが現状だ。

【7】楽天、駐車場シェアリングサービス「ラクパ」開始--1日単位で予約可能
http://bit.ly/2lBC0Ug
 akippaがそれなりに好調で駐車場の数では大手に迫る勢いになってきた。そ
れに追随する動きである。タイムズを運営する『パーク24』はカーシェアリン
グで大きく伸びており、そこはまだまだ成長余地が大きい。この辺への参入も
狙っているのではないだろうか。

【6】楽天が真似できないZOZOTOWN高成長のカラクリ 物流の仕組みに差
◆スタートトゥデイ自社ブランドはICTやIoTを活用、前澤社長「前代未聞のブ
ランドに」
http://bit.ly/2lbguUL
http://bit.ly/2lH22aw
 そもそも楽天の仕組みはモールモデルなので、集中倉庫が一部に留まるのは
仕方ないだろう。そしてまだファッションECは、いくらでも成長の余地がある。
その一つの理由が、リ...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る