「獅子身中の虫は、あの人なのね!!」安倍晋三政権を根底から揺るがす「自民党の御家騒動」が本格的に勃発

「獅子身中の虫は、あの人なのね!!」安倍晋三政権を根底から揺るがす「自民党の御家騒動」が本格的に勃発

2017年03月06日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年3月6日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「獅子身中の虫は、あの人なのね!!」安倍晋三政権を根底から揺るがす「自
民党の御家騒動」が本格的に勃発
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 「獅子身中の虫は、あの人なのね!!」―3月3日夜、東京・帝国ホテル
(東京都千代田区内幸町1−1−1)の一室で、「ゴッドマザー」こと安倍洋
子夫人、つまり安倍晋三首相の母(安倍晋太郎元外相の妻、岸信介元首相の長
女)が烈火の如く怒る絶叫が鳴り響いた。安倍降しを企む主の声が録音機から
流れ始めた途端、洋子夫人の顔色が見る見るうちに変わり、怒声が飛び散っ
た。帰途、しばしば渋谷区富ヶ谷の安倍邸に立ち寄り、閑談し親しくしていた
主が、「安倍降し工作の黒幕」だったと知り、大きなショックを受けたのだ。
裏切りがはっきりして「よくも騙したな」と腹が煮え繰り返ったらしい。録音
一緒に聞いていた安倍晋三首相と昭恵夫人は、母の怒声を浴びて、恐ろしさの
あまり、緊張し、シュンとしていた。会食は2時間半を予定していたコース料
理にロクに箸もつけず、洋子夫人は、わずか30分で「家に帰って、家族会議
よ」と言いながら、席をすっくと立ち上がり、部屋から出て行き、安倍晋三首
相と昭恵夫人は、その後を追ったという。その後には、録音機を操作していた
2人の客が残された。安倍晋三政権を根底から揺るがす「自民党の御家騒動」
が本格的に勃発した瞬間である。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る