№171森友学園問題はこれからどうなるか

№171森友学園問題はこれからどうなるか

2017年03月06日発行

安倍総理にとっても自民党にとっても致命傷になる虞はありませんが、森友学園問題は決して軽視してはならない大事な問題だろうと思っております。
異常なことを異常と感じなくなっている人が自民党に多くなっているのであれば、いずれ自民党は窮地に陥るはずです。
船田元さんのように、森友学園は異常だ、と言える人が何人現れるか。
自民党がどこまで真摯にこの問題の真相解明に取り組んでいくか、を見守っていきたいと思っております。
今週のメルマガのテーマは、森友学園問題です。
今週の目次:
Ⅰ森友学園問題を考える視点
①森友学園は、予算が上がってしまえばみんな忘れてしまうような話かな
②予定通り来年度予算案が今日衆議院を通過したが、森友学園の波は一段と高そうだ
③野党の国会議員の質疑はこういう風にやるといい、というお手本のようなものだった
④森友学園問題の解決の方向性を探る
⑤鶏が先か、卵が先かみたいな話が、本当にあったとは!
⑥籠池さんと鴻池さんぐらいは呼んだら如何か
⑦乗せられた人よりも乗せた人の方が問題
⑧国会議員の質疑力が問われている
Ⅱ 【産業法務時流研究】進化する炊飯器
産業法務研究会専務理事、社会保険労務士・行政書士の平川博の解説でお送りします。
Ⅲ㈳産業法務研究会(産法研)第39回月例会開催のご案内
日 時:平成29年3月27日(月曜日)午後4時30分~午後6時30分
場 所:セレクトガーデン池袋(東京都豊島区池袋三丁目1番11号)2階 【最寄りの駅】要町(地下鉄有楽町線)出口5番(祥雲寺方面)から徒歩1分
目 的:時流研究
①アナログレコード復活
②ICT農業
③メタン生成菌への期待
④急成長する男性用化粧品
Ⅳ次回メルマガの発行予定

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る