2017/03/08  愛犬用スキンケアサプリメントのEC販売について

2017/03/08 愛犬用スキンケアサプリメントのEC販売について

2017年03月08日発行

永江一石の「何でも質問&何でも回答」2017/3/8

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメルマガはみなさんの質問にお答えする形で進行します。重なるものがな
いように順不同で回答していきますし、内容によってはスルーされてしまうか
もしれませんがご了承ください。質問は詳しく書いていただいた方が具体的に
回答できます。

質問の宛先専用  mail@landerblue.co.jp

コンテンツの著作権は、編集・発行元に帰属します。本メルマガの内容の大部
分または全部を無断転載、転送、再編集など行なうことはお控えください。
等幅フォントで書いてますので、メールソフトのフォント設定をそれに指定す
ると綺麗に表示されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わたしのブログ3年分の1000本以上からバズった59エントリーをピックアップ
して加筆。全てに4コマ漫画がついてます。ただいま絶賛発売中。

永江一石のネットが面白くてナニが悪い!!
ブログ3年間でバズった59エントリー総まとめ
http://amzn.to/2eSM4W2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

質問求めております。せっかく月324円払ってるんだから使い倒してください
ね。現在のところ、採用までの期間は2~4週間。
いい質問ですと速攻で採用しています。バックナンバーで同様の質問があった
場合、回答までの期間が長くなります。同じ方からの複数ご質問も同様です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆質問をされる方にお願い◆

メルマガというものを勘違いされる方がたまにいるので書いておきます。メル
マガは一対一ではなく、一対数千人のメディアです。

数千人の読者に向けて書いていますので、汎用性が無く、個別すぎで他の方が
読んでも意味が無い質問はパスさせていただくことになります。また同じ人の
同じような質問に何度も答えることはしませんので、最初に質問の詳細と趣旨
をはっきりとお書きください。

法律的な相談はジャンル外です。弁護士さんの無料相談に行かれる方がよろし
いかと思います。エロとかギャンブルみたいな違法もしくはグレーなサイトに
ついても勘弁願います。

サイトの評価希望についてはURL必須でお願いします。


それでは今号の目次 


 1 わたしが病院選びで参考にするもの

 2 外来魚問題についての考察

 3 不動産投資会社へ効果的に集客するには

 4 愛犬用スキンケアサプリメントのEC販売について

 5 「成果報酬型」の集客ビジネスは成功するか

 6 認知症の母を施設に入れるべきか否か



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 わたしが病院選びで参考にするもの
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q
永江さんは、病院または医者を選ぶ際に参考としている情報は何かありますか。
私は医者を選ぶ際に参考とするものがオンラインの口コミや週刊誌など含めて
あてになるものが現状なく困っています。

医療という専門分野においては患者はその治療が有効か否かというのが判断で
きず、単に表面上の評価しかしていないのではないか、素人の口コミはあまり
信用できないのではと思っております。


A
病院選びではオンラインの口コミや週刊誌なんてヤラセやステマが多くて全く
信用できませんよね。ではもしわたしが病気になった時に何を信用するかとい
えば「その医師がどんな発信をしているか」を確認します。波動とか水素サプ
リとかとんでもないことばかり言ってる医者もいますので・・

具体的には著書やSNSの発信はもちろん、名前でエゴサーチして変な噂が出て
こないかもチェックします。ただし本もベストセラーになっていれば必ず信頼
出来るかというとそうではなく、信者は多いけど主張はトンデモな医師もいま
すので注意が必要です。見極めとしてはAmazonの評価が一つの目安になるでし
ょう。

先日ブログにも書きましたが、
https://www.landerblue.co.jp/blog/?p=31571
士業でも医師でも、今後自ら積極的に発信してない人は不利な時代がやってき
ています。お医者さんも新しい医学の進歩について積極的に勉強していれば、
書くことは無限にありますよね。それなのに何も書けない人は不勉強だと思わ
れても仕方がないと思うんです。

他には、知り合いの医師のツテを頼って紹介してもらうというのもアリですね。
やはり優秀な医師の情報は同業者が一番豊富な...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る