安倍晋三首相は、森友学園疑惑を内閣改造で切り抜けても、サウジアラビアのサルマン国王の圧力からは逃れられない

安倍晋三首相は、森友学園疑惑を内閣改造で切り抜けても、サウジアラビアのサルマン国王の圧力からは逃れられない

2017年03月14日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  20XX年XX月XX日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍晋三首相は、森友学園疑惑を内閣改造で切り抜けても、サウジアラビアの
サルマン国王の圧力からは逃れられない
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
自民党実力者にごく近い政治家の話によると、「安倍晋三首相は、大阪市の森
友学園の籠池泰典理事長が豊中市に建設中の『瑞穂の國記念小學院』(安倍晋
三記念小学校)の校舎を豊中市役所に買い取らせて、疑惑をもみ消した後、内
閣改造(麻生太郎副総理兼財務相、稲田朋美防衛相、松野博一文科相、金田勝
年法相などの更迭)を行って、難局を切り抜けてほとぼりを冷まし、4月に予
定していた衆院解散・総選挙は、秋以降に延期して行おうとしている」とい
う。しかし、天皇陛下を戴く支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グルー
プ」の一員であるサウジアラビアのサルマン国王が3月12日夜、1000人
以上のお供を引き連れ、実務訪問賓客として国王専用機で来日(サウジ国王の
来日は昭和46年以来となる46年ぶり)された真の目的に照らせば、安倍晋
三首相は、いつまでもその座にしがみついていようとしても、サルマン国王の
圧力からは、逃れられない。重大な国際問題をはらんでいるからである。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る