第257号 続・人はなぜ結婚するのか ~結婚カードを巡るプレイヤー別最適戦略の研究、オランダ総選挙で極右政党躍進か、麻布十番のおしゃれ焼鳥、意味のない安全基準値が人々を不幸にしている、他

第257号 続・人はなぜ結婚するのか ~結婚カードを巡るプレイヤー別最適戦略の研究、オランダ総選挙で極右政党躍進か、麻布十番のおしゃれ焼鳥、意味のない安全基準値が人々を不幸にしている、他

2017年03月15日発行

// 週刊金融日記
// 2017年3月15日 第257号
// 続・人はなぜ結婚するのか ~結婚カードを巡るプレイヤー別最適戦略の研究
// オランダ総選挙で極右政党躍進か
// 麻布十番のおしゃれ焼鳥
// 意味のない安全基準値が人々を不幸にしている
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 とうとう花粉症の季節がやってきました。抗アレルギー剤を飲みはじめた人も多いかと思います。最近の薬は眠気などの副作用が少なくなっているようですが、それでもやはり眠くなりますよね。ところで、花粉症に関しては、ドラッグストアで売ってる薬なんかで自分で対処せずに、病院に行って医師に処方してもらうことをオススメします。保険が利くので安いですし、薬もよく効きます。そのとき、もらえるだけの薬を一気にもらいましょう。2ヶ月分とかまでなら出してもらえるはずです。

 国公立大学の合格発表があったようで、このメルマガでも何度か取り上げた佐藤ママが四女を見事に東大理3に現役合格させたというニュースが全国を駆け巡りました。これはなかなかすごい記録で、おそらく偏差値を競う受験スポーツの世界では、今後もなかなか塗り替えられないものだと思います。佐藤ママは、日本の教育・子育て研究の歴史に名を残しましたね。

●息子3人東大の佐藤ママ、長女も理3合格!娘が語る母への感謝
http://withnews.jp/article/f0170310006qq000000000000000W02h10101qq000014861A

『週刊金融日記 第201号 現代受験工学の最前線』

 まあ、しかし、マクロで見ると、理系の秀才がみんな医学部を目指すという日本の社会は、経済政策的には問題ですね。官僚や弁護士の報酬が相対的に下がったので、いまや東大文1の難易度は田舎の医学部より下になってしまいました。あと、日本は国際競争力のある分野は、ゲームなんかの一部のエンタメ産業と製造業だけなので、工学部にも優秀な人がもっと行ってほしいですね。そして、恋愛工学という分野ももっと盛り上げていきたいと思います。

 今週も面白い投稿がありました。見どころは以下のとおりです。

―福島の放射能汚染土について
(意味のない安全基準値が人々を不幸にしているという話)
―彼女がエッチ好きじゃないと言ってきました
―婚活女子ですが出...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る