▲▽ワンマンショー▽▲

▲▽ワンマンショー▽▲

2017年03月17日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽ワンマンショー▽▲

※ 籠池氏の証言、与野党に衝撃広がる 「放っておけぬ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000006-asahi-pol

 ふふw……。ついに俺の時代が来た! わいこそが今年のマン・オブ・ザ・イ
ヤーや! 喚問当日は、NHKからあのテレ東まで、横並びで電波ジャックやで
ぇ! まずは議員と供に教育勅語の唱和に始まり、不埒な日共を糾弾し、在日を
disり、最後は八紘一宇を唱えて、男、一世一代の大勝負やw。わいのワンマ
ンショーにしたるでぇ!
 キャー! 父ちゃん、惚れなおしたわ(>_<)。

 NHKとか、証人喚問中に「ただいま不適切な発言があったことをお詫び申し
上げますorz」のテロップとか流すんじゃなかろうか。
 寄付の件は、普通に考えれば、講演の謝礼を巡る押し問答があって、受け取れ
ないと仰るなら、これは安倍さんからの寄付を頂戴しました、ということにしま
しょう! てな話が、学校の宣伝のために桁が一つ増えた、ということではなかろうか。

※ 大阪府が近畿財務局との交渉記録作らず
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170316/00000060.shtml

 ねぇw。府知事は元気に、うちは圧力を受けた側だと弁解しているけれど、維
新のずぶずぶぶりは、今更誤魔化せません罠。

※ 安倍首相の親友が経営する“第二の森友”加計学園の関係者を最高裁判事に
任命! 司法までオトモダチで支配
http://lite-ra.com/2017/03/post-2997.html

 な、なんだってぇ!(>_<)。アレ総理は司法にまで介入したのか!
 本命はやっぱりこっちでしょう。奥さんがこの件を巡っても、役所に圧力を掛
けたということだから、明らかに総理の監督責任は免れられない。
 そろそろ、安倍退陣の新聞辞令が出てもおかしくないんだけど、第一次安倍政
権当時と違って、国会のねじれ現象がないから、支持率の低下を、そこそこのと
ころで食い止められれば、なんとかなる。ただしそのためには、「女房がバカで
すみません」と国民に頭を下げるしかない。
 この期に及んで、「女房は私人」で通るか? バカ総理!

※ 日報隠し、監察に着手…統幕長は「承知せず」
http://news.livedoor.com/article/detail/12808613/

 とにかく、事務次官以下を首にするのが先。海幕長も理不尽な理由で詰め腹を
切らされて、今回また、事務方の命令で無茶なことを強いられて陸幕長の首が飛
んだら、制服組も黙っちゃいないでしょう。

 しかし、本当に浅はかな話で、こんなもん、お役人は記録を残すに決まってい
るんだから。ましてや電子データなんていくらでもコピーできる。
 稲田さんの責任云々になると、日報問題が発生した時に、事務方を問い詰めて、
「あたしを舐めてんのか!」と一喝すべきだった。それを、自らちっとも信じて
無いくせに、「ルールに従って破棄されました」なんて答弁したら、あんた、た
だのお飾りの操り人形かよと、そら辞めろコールも起きるでしょう。

※ 米国務長官「北朝鮮の非核化失敗」岸田氏と会談
http://mainichi.jp/articles/20170317/k00/00m/010/089000c

>「北朝鮮を非核化しようとする20年間の努力は失敗に終わった。脅威がエス
カレートしており、新たなアプローチが必要だ」

 それは良いんだけど、じゃあ、何をしてくれるんですか? てことですよね。

※ 防衛装備庁、将来戦闘機でイギリス国防省と協力の可能性を検討へ
http://flyteam.jp/news/article/76830

 イギリスが欲しいのは、金ですよね。あとは、今の内に組んでおけば、将来日
本が大口顧客として買ってくれるということだから、イギリスにとって損は何も
無い。リスクのある戦闘機開発に踏み出せる。何しろ日本て国は、一度始まった
ものは止められないからw、ドイツみたいに裏切られる心配も無い。
 日本側も、ぜひ真剣に組んで欲しいですね。国防総省やボーイング&LMがぶ
つぶつ言ってきた時には、「F-2の恨み、忘れまじ!」くらい言って拒否すれば良い。

※ [寄稿]少女像合意の出口は著作権
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/26818.html

>頭を下げなければならない日本政府
>少女像の最も重要な芸術的価値は、日本大使館の向かい側のその場所にある

 この後、何百年もそこに置いておくがよろしい。あんたたちと関わり合...

バックナンバー

  1. ▲▽南武線の薄情▽▲

    2017年05月29日発行

  2. ▲▽民放地方局▽▲

    2017年05月28日発行

  3. ▲▽クソガキ暴走▽▲

    2017年05月27日発行

ページの先頭へ戻る