第259号 AI時代を生き抜くための英語学習、相場の潮目は変わったのか、六本木で美術展巡りと安くて美味しいワイン食堂、失敗してもいいんだよ、他

第259号 AI時代を生き抜くための英語学習、相場の潮目は変わったのか、六本木で美術展巡りと安くて美味しいワイン食堂、失敗してもいいんだよ、他

2017年03月27日発行

// 週刊金融日記
// 2017年3月27日 第259号
// AI時代を生き抜くための英語学習
// 相場の潮目は変わったのか
// 六本木で美術展巡りと安くて美味しいワイン食堂
// 失敗してもいいんだよ
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 アフタヌーンで連載中の『ぼく愛』コミックですが、わたなべ君が恋愛工学を使いこなせるようになって、Amazonでコンドームをまとめ買いしております。そして、小説では文字でしか描かれなかったエロい場面が……(笑)。

『アフタヌーン 2017年05月号』 http://amzn.to/2nWnvOX

 僕はまあ、そこまで重症ではありませんが、花粉症歴が長いです。2月下旬から4月上旬まで、毎年、目が痒くなって鼻水が出ます。そういうわけで、花粉症の飲み薬とは長いつきあいなのですが、ずっとエバステル、そして、エバステルのジェネリックであるエバスチンを使っておりました。
 アレルギーの発症には、ヒスタミンという体内物質が関与しており、こうした薬は基本的にはその受容体をブロックして、症状の緩和を達成するわけです。しかし、ヒスタミンは神経伝達物質としても働いており、これを抑えると眠気が起きたり、と困った副作用があります。製薬会社は、副作用をさまざまな工夫で抑えるわけです。いまの花粉症の薬は第二世代抗ヒスタミン剤といわれ、副作用の抑え方が特徴です。アレグラ、ジルテック、ザイザルなどが有名で、よく使われていますね。僕が使っていたエバステルは、第二世代としてはちょっと古い薬で、効き方もマイルドで、いまではマイナーなんですが、寝る前に1錠飲めばいいだけで服用は簡単です。で、それが効いているならわざわざ薬を変える必要はない、と医者に言われたので、昔からずっと同じものを使っていました。
 しかし、今年は2010年12月発売のザイザル以来、6年ぶりの新薬が登場しました。デザレックスとビラノアです。第二世代抗ヒスタミン剤よりさらに眠気等の副作用を減らしているのが売りですが、新薬なので最長で2週間分しか処方してくれません。
 僕はビラノアを試してみたのですが、たしかに眠気などの副作用は減っており、実際、ほとんど感じません。また、飲んですぐに効きはじめて、試したときは、これで花粉症問題は解決された!と思ったほどです。しかし、割りとすぐに効き...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る