Vol.185 YouTube広告問題に象徴されるネット広告の変わり目、空売りファンドの謎の蠢動、IT業界の正論では通用しない自動運転問題などを論じてみる回

Vol.185 YouTube広告問題に象徴されるネット広告の変わり目、空売りファンドの謎の蠢動、IT業界の正論では通用しない自動運転問題などを論じてみる回

2017年03月27日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.185
--YouTube広告問題に象徴されるネット広告の変わり目、空売りファンドの謎の
蠢動、IT業界の正論では通用しない自動運転問題などを論じてみる回
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         2017年3月27日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】YouTube広告問題とアドフラウド
……………………………………………………………………………………………

 このメルマガでも何度かネット広告の詐欺については言及してきているのです
が、最近になってようやくYouTubeの不適切動画に大手クライアントの広告が掲
載されてしまう問題に着火しました。

 といっても、最後の最後まで粘ってから大手広告代理店が腹に据えかねて実力
行使ということですので、あまり気持ちの良いものではありません。我が国の
YouTube事情でも、明らかに低年齢層向けの商材動画からテレビ番組の無断流用
その他、カテゴリーのミスマッチとか望ましくない動画への広告配信がGoogleの
努力にもかかわらず横行してしまっている問題は確かにあります。

英政府や大手メディアがYouTube広告掲載を中止--グーグルはポリシー見直しへ
https://japan.cnet.com/article/35098369/
YouTube広告 Google監視強化へ
http://blogos.com/outline/215043/

[引用] 不適切なコンテンツや過激派によるコンテンツの横に広告が表示された
として、英国の複数の広告顧客が、Google傘下のYouTube上での広告掲載を取り
やめた。その顧客には、英政府や、新聞社のThe Guardianなど英大手企業が含ま
れる。

 例えば、英政府のある広告は、米白人至上主義団体クー・クラックス・クラン
(KKK)の元最高幹部であるDavid Duke氏の動画で使用されたと報じられてい
る。
--ここまで--

 ここで問題となるのは、本件が「白人至上主義団体の動画に広告が掲載された
こと」であり、その広告収益の一部が白人至上主義団体に渡ったことであって、
いわゆるアドフラウド問題と構造が似た感じで収まることにあります。Googleが
不作為だというよりは、ある程度CGM的な広がりを見せて拡大してきたウェブ的
文化がいままで放棄してきた「何が正しいものなのか」をついに突き付けられた
ということです。

 単純にいえば、2ちゃんねる時代の削除依頼のようなもので、この問題が削除
に値するのであればそれを申し出てください、ノックダウンツールぐらいまでは
提供するので、という話であれば、プロバイダ責任法に守られてネットでのCGM
は掲示板であれ動画サイトであれ、ある程度は自由にできたわけです。これが、
現在では「そのような不作為は広告掲載先の動画の品質管理を行うべきプラット
フォーム事業者にとって許されるものではない」ということになります。

 敷衍して、出品者が反社会的勢力であることも考えられるオークションサイト
や、著作物が違法にアップロードされることも横行する動画サイトでも、いまま
で以上にプラットフォーム側の責任が幅広く議論され、かつ、広告掲載基準を満
たさないところに掲載されてしまったときのプラットフォームに対する制裁や賠
償請求なども今後は横行することになるのかもしれません。

 そこまでいかずとも、今回のように大手広告代理店が自社クライアントの広告
が望ましくない動画に掲載された一件だけで全量引き上げにいきなりなるかとい
うとそうでもなく、過去にやはり数えきれないぐらいの問題があったと関係筋は
説明しています。それが事実であるならば、やはりGoogleは化け物のように大き
くなったYouTubeの今後を確かなものにするためにも必要とされる作業量は確保
してゴミ掃除をしなければならなくなります。それは、検索エンジンによる検索
結果がゴミだらけになって最近アップデートされたのと同様に、できる限りのこ
とはきちんとしています、だから許されますよねというネットらしい世界ではな
く、掲載されてはならないものが掲載されたのだから改善がなければ制裁される
べきだという常識的なビジネスの文脈に戻ってきた、ということでもありましょ
う。

 ネット広告の世界は、以前も触れたとおり「そのアクセスは本当に人の手によ
るものなのか(逆に言えば、それはbotによるアクセスであって誰も見ていない
のではないか)」という問題意識に色濃く見え隠れする部分はあると思います。
消費者に見られていない広告を掲載するのに金を払うクライアントはいません。
それ以上に、有害とされるコンテンツに自社製品やサービスの広告が掲載されて
しまったとしたら、あるいは過激派組織やエロコンテンツなどを支援していると
間違われかねない広告の掲載があったとしたならば、それは頭をかいて終わり、
とはならないのが実社会なんだろうということで。


■最近の書き物

 最近いろんなところに呼ばれて記事を寄せさせていただいたり、連載を頂戴し
て書くことが増えたんですけど、編集者の方から「山本さん、ほとんどネタ被り
しないのによくこれだけ書けますね」と言われて喜んでいいのか軽く見られてる
と思ったほうがいいのか図りかねます。


高齢者に限らぬ孤独死”おひとりさまの死”が普通になる未来|やまもといちろ
うコラム
http://dailynewsonline.jp/article/1280823/
クックパッド社に”ちきりん”が社外取締役就任で広がる混迷|やまもといちろ
うコラム
http://dailynewsonline.jp/article/1283695/
おむつをダシにコンビニのエロ本を攻撃する微妙なジェンダー論|やまもといち
ろうコラム
http://dailynewsonline.jp/article/1287827/


「飲食店はすべて禁煙」ファッショ的だけど時代だね感
http://bunshun.jp/articles/-/1554
石原慎太郎「解体ショー」と小池百合子都議会選挙の顛末
http://bunshun.jp/articles/-/1648
「強い地検特捜部」復活待望論
http://bunshun.jp/articles/-/1739
お客様は神様ではなくなり、戦後は終わった
http://bunshun.jp/articles/-/1832


人工知能に負けない子供へのプログラミング教育?|こどものミライ
http://kodomomirai.com/column/education/1110.html


キングコング西野亮廣はなぜ燃えたのか? 山本一郎が語る炎上商法の危険性
http://j-ron.jp/jron20170301.php


「鶴の一声」が通用しない現場――山本一郎氏が聞く、中小企業におけるIT導入
失敗事例の傾向と対策
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/06/news014.html
カンボジアは残存率3割弱、離島の男性は全滅――山本一郎氏が聞く、オフショ
ア&ニアショアで働き手を開拓し続けた企業の8年間
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1703/06/news016.html


貧困×認知症×暴力=「高齢者犯罪」拡大の現実
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/022700044/022700001/
「認知症700万人時代」にどう立ち向かうべきか 避けられない認知症「破壊的
増加」、今こそ抜本的対策を
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/022700044/031500002/


『ファイアーエムブレム ヒーローズ』に見る「中年女・熟女不在問題」とどう
しようもない軽さ【山本一郎のスマホ情報見聞録】
https://gamedeets.com/archives/242053


倒れた自分を誰かが起こしてくれる保証はない。やまもといちろう特別寄稿
http://workswitch-ibs.inte.co.jp/yamamoto_001/


やまもといちろう 無縫地帯(Yahoo! JAPANニュース個人)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/
やまもといちろう オフィシャルブログ
http://lineblog.me/yamamotoichiro/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
目次
【0. 序文】YouTube広告問題とアドフラウド
【1. インシデント1】「空売りファンド」は是か非か
【2. インシデント2】IT業界にとってポストPC時代を担う目玉商品は自動車にな
りそうです
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る