▲▽会社は何のために?▽▲

▲▽会社は何のために?▽▲

2017年04月19日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽会社は何のために?▽▲

※ ヤマト、未払い残業190億円で利益半減の驚愕
http://toyokeizai.net/articles/-/168242

 このニュースはとても不思議なんだけど、それで利益が半減ということは、も
とはその倍の利益が出ていたということでしょう? いったいヤマトは、その儲
けをどうするつもりだったの? 変じゃん。本来、それは社員みんなで折半すべ
きものじゃないの? いったいこの人達は、何のために企業活動しているの?
 かと言って、別に株主に還元するわけでもないでしょう? 日本社会は、いつ
の間にか株主資本主義になったとか批判されるけれど、実際はそうじゃなくて、
会社の内部留保が積み上がっていくだけ。
 労働者に還元されるでもなく、株主への配当として戻って来るでなし。ただひ
たすら、企業が内部留保を積み上げるだけの社会になっている。そら景気も良く
ならないでしょう。

※ デパ地下のお総菜、アマゾンで買えます 地域限定
http://www.asahi.com/articles/ASK4L53HFK4LULFA01H.html?iref=comtop_8_03

 アマゾンは大手の宅配業社が全部手を退いてもやり遂げるんでしょうね。小さ
い会社を買収して自社宅配を拡大して、外国人配達員を使ってでもやり抜くんだ
ろうという稀ガス。

※ 米空母、まだインドネシア付近?=朝鮮半島から5600キロ
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041800359&g=prk

 何それ?w。とんだペテンじゃん。今日のJBpressなんて酷いよw。散々煽っ
といて、空母が来ないから攻撃はまだだ! とか。

※ 中国主導の半島有事が「十分あり得そう」な理由
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/218009/041700097/?i_cid=nbpnbo_tp

 また福島さんも、こんな煽り記事書いちゃって。

※ 女性問題で政務次官を辞任した中川俊直氏が釈明 「家族がありながら、会
社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き…」
http://www.sankei.com/politics/news/170418/plt1704180027-n1.html

 話が良く見えないんだけど、前回とは別の不倫が発覚したということなの?

※ トランプに「無能」と言われた稲田防衛相の「首の皮一枚」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51469

 ちと気の毒。だってあの軍歴の人と互角に渡り合えるわけがないじゃん。

※ 戦車隊も女性に開放=自衛隊の配置制限撤廃
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000024-jij-pol

 意外に早かったですね。ただ、男と女があの狭い空間に一緒にいるわけにもい
かないだろうから、やっぱりガールズ小隊とか出来上がるんでしょうね。総火演
に登場するのはいつだろう。ワクワク!

※ 線虫でがん検査、19年末にも=尿1滴で判定、実用化へ―九大ベンチャーと日立
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000072-jij-sctch

 凄い研究なんだけど、いったい線虫が何を頼りに動いているのか、それを解明
できなきゃ、信頼性という部分でどうなんだろう。

※ 三ツ矢サイダーのCMが公開中止に!吹奏楽部には分かる超危険行為
http://netgeek.biz/archives/95359

 ブラバン経験者なら、一度は痛い目に遭う話だけど、動画自体は、後ろからド
ン! じゃないんだよね。その辺りは、世間から叩かれないように、斜め後ろか
ら驚かせているんだけど、やっぱり炎上しちゃったと。

※ JALが豪華ビジネスジェットの乗り継ぎサービス「JAL FALCONビジネスジェ
ットサービス」を発表
http://gigazine.net/news/20170418-jal-falcon-business-jet-service/

 昨夜のWBSで、空いている高度5万フィートを飛ぶと解説していたけれど、
この手の機体の経済高度って、その辺りに設定されているんだろうか。

※ インフル100人欠席 学校閉鎖
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170418/5691291.html

 これはとんでもないスーパースプレッダーがいたってことだよね。

※ 大阪の芸人が驚きの転身、名物職員奮闘...

バックナンバー

  1. ▲▽AIが政策判断▽▲

    2017年07月23日発行

  2. ▲▽官僚主義▽▲

    2017年07月22日発行

  3. ▲▽制服組の反乱▽▲

    2017年07月21日発行

ページの先頭へ戻る