第265号 日本社会で多夫一妻制が急激に進行していた、品川駅高輪口の小汚い居酒屋雑居ビル、マクロン仏大統領史上最年少で当選、婚約解消のご報告、他

第265号 日本社会で多夫一妻制が急激に進行していた、品川駅高輪口の小汚い居酒屋雑居ビル、マクロン仏大統領史上最年少で当選、婚約解消のご報告、他

2017年05月09日発行

// 週刊金融日記
// 2017年5月9日 第265号
// 日本社会で多夫一妻制が急激に進行していた
// マクロン仏大統領史上最年少で当選
// 品川駅高輪口の小汚い居酒屋雑居ビル
// 婚約解消のご報告
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 ゴールデンウィークは瀬戸内海で釣りをしてきたのですが、釣りというのは、とても恋愛工学に似ていますね。釣り師同士が、あそこでいい型のタイが釣れたとか、こういう仕掛けでやるとヒラメが釣れるとか、ワイワイやっております。何だか恋愛工学のコミュニティを見ているようでした。釣りも恋愛も、基本はポイント、仕掛け、タイミングですからね。

★まずは簡単なアジを釣ってから、カサゴやメバルを狙いにいきました。この辺の戦略も恋愛工学に似ていますね。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/860320740905590784

 経済誌のZAITENで拙著が紹介されました。見開き2ページになっております。

●ZAITEN 2017年6月号「結婚制度にもクーリングオフが必要だ」
http://amzn.to/2qVF9jp

 日刊SPA!で結婚制度が崩壊しつつある現状に対してコメントしました。また、今週はこの話題について、マクロ恋愛工学の視点から分析します。多夫一妻制に移行しつつある日本の恋愛・結婚市場の恐るべき実態が浮き彫りになります。

●モテない男のための救済政策だった結婚制度は崩壊しつつある
https://nikkan-spa.jp/1326031

 週末はフランスの大統領選挙が行われ、極右のルペン氏に大差をつけて、親EUでグローバル化に前向きなマクロン氏が当選しました。また、彼は高校生のときに、教師であり人妻だったブリジットさんと恋愛して、結婚しています。いかにもフランスらしいですね。マクロン仏大統領の活躍を期待したいです。

●仏大統領選 マクロン氏が大差で勝利 史上最年少39歳
https://mainichi.jp/articles/20170508/k00/00e/030/143000c

 その点、相変わらずプライベートなどうでもいいことで騒ぐ、日本人や日本のメディアの民度はなんと低いことでしょうかね。

●菊川怜の結婚相手は2人の女性と同時期に婚外子をつくっ...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る