▲▽李下に冠を正さず▽▲

▲▽李下に冠を正さず▽▲

2017年05月19日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽李下に冠を正さず▽▲

※ 安倍官邸「加計学園圧力文書はフェイク」は疑惑逃れの嘘だった! 決定的
証拠が次々、田崎史郎までが「本物」と
http://lite-ra.com/2017/05/post-3166.html
*「書かれていること事実」 文書に実名の獣医師会顧問
http://www.asahi.com/articles/ASK5L6F2CK5LUUPI002.html

 文書の真贋に関しては、実は私はちょっと疑っています。

>「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」

 普通なら、「官邸」と言えば済むでしょう。官邸と言ったら、官房長官と総理
のことしか言わないでしょう。それがどっちかなんて、忖度する側にとってはど
うでも良い話で、それをわざわざ「最高レベル」とか素人みたいな表現を使うだ
ろうか? と思うし、こういう生臭い案件で、わざわざ「総理」と名指しするか
な、と思います。

 ただ、引きずり降ろす云々ではなく、総理自ら潔く身を引くでしょう。だって
国会で、公式に宣言しちゃったんだから。「私が関わっていたら(それがバレた
ら)、潔く辞めます」と言っちゃったんだから。
 これはもう別に誰かが引きずり降ろすとかの話は必要無い。長州人が、自らの
言葉に泥を塗って、地位に連綿とするなんてことはあり得ないでしょう。
 あの誇り高き長州人が! 主旨が違うだの、小役人が忖度しただけだのと、み
っとみない弁明を重ねて、椅子にしがみつくなんてことがあろうはずもない! 
私は、総理自らの意思による辞任を、一瞬たりとて疑ったことはございません。
 長州人の名誉を考えれば、疑いを掛けられた時点で、これはもう爺ちゃっんの
名にかけて、割腹自決して身の潔白を訴えても何ら不思議はないレベルのお話で
す。仮に、本人が知らん所で部下たちが忖度しまくって、古い友人に便宜を図り、
そこに税金が出て行くとしたら、せめて「不徳のいたすところです」と国民に頭
を下げて退きますよ。それが、李下に冠を正さすということです(良い話だなぁ~)。
 まさかゆめゆめ長州人が、田舎者の土人どもを手下に引き入れ、汚い仕事は全
部押しつけ、手柄は自分ものものにするなんて! そんな汚い民族であろうはず
もございません! キリッ!

※ 「共謀罪」がスムーズに成立する背景
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/174784/051800094/

>大多数の日本人が多数派なのは、われわれが多数派であることと何よりも大切
に考えている国民だからで、このことはほぼ全員の日本人が認めなければならな
い大前提なのだ。

 そういうことですよね。日本人て、物心付いた頃から、集団に従うことを徹底
して訓練され、義を言うな、とたたき込まれるから、自分がマジョリティに属し
ていることを日々再確認することで、気持ち良い脳内物質で満たされる。

※ 共謀罪で大強化、スノーデンが警鐘を鳴らす日本の監視体制! 政府はすで
にネット傍受ツールを利用していた
http://lite-ra.com/2017/05/post-3167.html

>ここで言うDFS(Directorate For Signals intelligence)とは、おそらく防
衛省情報本部電波部を指すと推測されるが、これが2013年の文書であることを考
えると、日本政府が現時点ですでにXKEYSOCOREを実用している可能性は極めて高い。

 防衛省がこんなものを手に入れたら、真っ先にやることは一つですよ。煩い誰
かさんを監視することになるw。ただ、こういうことをやるのだって人員は必要
なわけで、少なくとも制服組にはそんな余裕はないし、電波監視という意味で言
えば、自衛隊の優先順位ははっきりしている。
 警備公安が利用している可能性はあるけれど、自衛隊として率先して使いたく
なるようなツールではない。

※ 疑惑捜査、米司法省の反旗 トランプ氏「やらせておけ」
http://www.asahi.com/articles/ASK5L532MK5LUHBI01C.html?iref=comtop_8_01

 羨ましい話ですね。どこかの国じゃ、「不正は無かった」と閣議決定して終わ
りだよねw。
 所で、このロシアゲート事件は、直近の漏洩疑惑は、国家安全保障に関わる問
題だけど、選挙介入の方は、別に金が絡む話ではないのね。それでも、アメリカ
人にとっては許せない話だから問題視されている。
 加計学園の問題だって、別に贈収賄事件として問題視されているわけじゃない。
デュー・プロセスを歪めたから問題視されている。
 もっ...

バックナンバー

  1. ▲▽自民勝利▽▲

    2017年10月23日発行

  2. ▲▽敵前逃亡▽▲

    2017年10月22日発行

  3. ▲▽台風接近▽▲

    2017年10月21日発行

ページの先頭へ戻る