第269号 性犯罪冤罪リスクを定量的に考える、日経平均株価2万円割れ、成城石井の食材が楽しめるビストロ、高校中退低スペが描くべきキャリアプラン、他

第269号 性犯罪冤罪リスクを定量的に考える、日経平均株価2万円割れ、成城石井の食材が楽しめるビストロ、高校中退低スペが描くべきキャリアプラン、他

2017年06月07日発行

// 週刊金融日記
// 2017年6月6日 第269号
// 性犯罪冤罪リスクを定量的に考える
// 日経平均株価2万円割れ
// 成城石井の食材が楽しめるビストロ
// 高校中退低スペが描くべきキャリアプラン
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 最近、AIやビッグデータを使って統計解析してうんたら、みたいなトピックが流行っていて、このメルマガでもそういうことはちょくちょく取り上げていこう、と思っています。

『週刊金融日記 第242号 サルでも分かる人工知能の歴史とこれからのビジネス』
『週刊金融日記 第267号 クラミジア・パズルとビジネスでの統計の使い方』
『週刊金融日記 第268号 ビジネスに使えて使えない統計学 その2 因果関係を暴き出す』

 しかし、ぶっちゃけた話、そんなことが本質的に重要になるとはまったく考えられません。というのも、ほとんどすべての組織がそんなこと以前に単純なITを使った業務プロセスの効率化ができていないからです。ある程度の規模の組織は、例外なく政治的になっていきます。ITで効率化すると既得権を失う部署が出てきます。ときに社内の偉い人のメンツにかかわります。
 先日、ネットを見ていたら、過去にたびたび対談した池田信夫さんが、加計学園の問題(実際には問題などなく、安倍政権が嫌いな人たちが火のないところに火をつけて騒いでいるだけですが)にからめて、そもそも獣医なんて免許制にしなくてもよくね?と言って、炎上しておりました。また、薬剤師も免許なんていらなくね?とさらに燃料を投下し、すごい勢いで燃え広がりました。

●獣医の免許って必要なの?
http://agora-web.jp/archives/2026391.html

 世の中の無駄や非効率は、その裏で誰かの仕事になっているんですよね。全体の効率化のためにそれらを奪う、ということがいかに大変なことなのか……。
 そう考えると、科学的で合理的な経営をできる日本企業なんてないんじゃないか、と思うわけですね。

 ところで、進化生物学のよくある誤解は、生物は種全体の繁栄のために行動している、というものです。これは基本的に間違った考え方で、生物の個体は自分の遺伝子の拡散しか考えず(正確に言うと考えているわけではなく、あたかもそのように行動する)、その結果、できあがった種全体は...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る