音の良いスピーカー新製品「HomePod」から見るアップルの戦略  佐々木俊尚の未来地図レポート vol.452

音の良いスピーカー新製品「HomePod」から見るアップルの戦略 佐々木俊尚の未来地図レポート vol.452

2017年06月12日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
佐々木俊尚の未来地図レポート     2017.6.12 Vol.452
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.pressa.jp/


【今週のコンテンツ】

特集
音の良いスピーカー新製品「HomePod」から見るアップルの戦略
〜AIファーストの時代にアップルはどうなるのだろうか?
(前編)

未来地図キュレーション

佐々木俊尚からひとこと

EPUBファイル,Kindleファイルのダウンロード先は
メルマガ最後に掲載中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■特集
音の良いスピーカー新製品「HomePod」から見るアップルの戦略
〜AIファーストの時代にアップルはどうなるのだろうか?
(前編)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 アップルが、開発者向けのイベント「WWDC 2017」でスマートスピーカー「ホームポッド(HomePod)」を発表しました。

◆HomePod、家庭での音楽の楽しみ方を再発明(アップル公式サイト)
http://apple.co/2rHxJDr

 スマートスピーカーと呼ばれている市場は日本にはまだ存在しないため、いったいどういうものなのかがあまり理解されていないようです。私がレギュラーで出演しているフジテレビのネット放送「ホウドウキョク」と、TOKYO FMのラジオ番組「TIME LINE」の両方でこの話題を取りあげたのですが、視聴者の方のツイッターや出演者のスタジオでの反応は「?」というようなきょとんとしたものが多かったようです。

 本メルマガでは過去にアマゾンのスマートスピーカー「Echo」の話題を何度も取りあげているので、今さら説明の必要もないでしょうが、読者の皆さんが周囲の人に説明を求められた時に、わかりやすく回答できるようにする手助けとして、ここで少し説明しておきましょう。

 スマートスピーカーは、Bluetoothや無線LANなどワイヤレスでつながるスピーカーと、Siriのような音声認識が合体した製品です。リビングなどに置いておき、話しかけるだけで音声認識が起動。「ハイSiri、Suchmosの曲をかけて」と伝えれば、Suchmosの曲を流してくれます。さらにスマホのSiriなどと同じように、「今日の天気は?」「明日の私の予定は?」といった、パーソナルアシスタント的なこともできます。

 基本は、これだけ。しかしアマゾンのEchoは「その先」をつくりだしました。Echoに搭載されている音声認識機能アレクサ(Alexa)をつかって、外部のサードパーティーのさまざまなアプリやサービスを活用できるようにしたのです。

 アレクサにはAlexa Skills Kitという開発キットが用意され、APIを経由して外部のサードパーティーでもアレクサを使えるようになっています。たとえば以下のフォード自動車の動画では、アレクサが車のダッシュボードに実装されており、音声認識で音楽を再生したりカーナビを使ったり、さらには自宅のガレージの扉を開けておくよう指示できたりしています。

◆2017 Amazon Alexa on Ford SYNC 3 via AppLink
http://bit.ly/2k5WK4W

 カーナビの音声認識なら今までもありましたが、アレクサなら自宅ガレージのような自動車の外の外部の機器にまで指示を出せるのが特徴です。アマゾンのアレクサのサーバが中心にあって、そこにEchoや自動車、自宅ガレージなどさまざまな機器がネットによって接続されてぶら下がっているのです。だからEchoだけでなく、アレクサのつながっている機器ならどこからでも音声命令を入力でき、そしてアレクサのつながっている機器すべてに指示を出すことができます。

 Echoからでも、アマゾンで買い物したりプライムミュージックの音楽を流すだけでなく、アマゾン以外のサービスや機器のコントロールもできます。たとえば現在地をもとにして、ウーバーで自動車を手配することができます。エコーからドミノピザに注文することもできます。

 スマートスピーカーという市場をつくったのはEchoで、この先行者メリットを活かし、5000以上の機器・アプリがアレクサ対応になっていると言われています。おかげで市場シェアもすさまじく、Echoが70.6%に達しています。この分野で2位につけているGoogle Homeは23.8%であることを見れば、いかに寡占が進んでいるかがわかっていただけるかと思います。

◆スマートスピーカーの市場シェア、...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る