第271号 美術館での素敵な出会い 傾向と対策、Amazonが高級生鮮食料品スーパーのWhole Foodsを買収、根津美術館で日本庭園と東洋美術を堪能、社畜プログラマはなぜ社畜を脱出しないのか、他

第271号 美術館での素敵な出会い 傾向と対策、Amazonが高級生鮮食料品スーパーのWhole Foodsを買収、根津美術館で日本庭園と東洋美術を堪能、社畜プログラマはなぜ社畜を脱出しないのか、他

2017年06月19日発行

// 週刊金融日記
// 2017年6月19日 第271号
// 美術館での素敵な出会い 傾向と対策
// Amazonが高級生鮮食料品スーパーのWhole Foodsを買収
// 根津美術館で日本庭園と東洋美術を堪能
// 社畜プログラマはなぜ社畜を脱出しないのか
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 先日、新しいモニターを買ったので、この話をしたいと思います。こうしたPC関連の機器は、同じスペックでもえらい値段が違うことがあります。それは色ムラやチラツキの少なさなど、表面スペックに現れない品質から来ているものならいいのですが、情弱相手にたまに売れるため高い値札を付けたままになっていることもあります。逆に、品質が良くても、単に生産し過ぎて過剰在庫を売りさばきたいので安くなっている場合もあります。
 こうした製品は情報の非対称性があり、必ずしも値段が品質を表してはくれないので、なかなか難しいのです。
 さて、僕はモニターは、これまで単に表面スペックと値段で決めていました。その結果、オフィスにはDellの最初から付いているやたらと安いモニターや、Amazonのタイムセールで買った変なメーカーのものが溢れていました。Dellのモニターがこの前突如死んでしまい、他の安物もなんか画面がチラチラします。その中で、10年前に買ったEIZOのモニターはいまだ健在でとても見やすいのです。
 それで、EIZOを買おうと思ったら、同じスペックでも、最安メーカーの4倍ぐらいします(笑)。これはちょっとためらいますね。他にないかと、モニターの性能に詳しい人にいろいろ聞いたりしてリサーチしていたのですが、X線画像やCT、MRIなんかを映し出す医療機関のモニターは、みんなEIZOらしいということを知りました。結局、僕も経費で買えるので、表面スペックだけ見たら4倍高いEIZOの最新のモニターを買ってみました。

●EIZO FlexScan 27.0インチ モニター
http://amzn.to/2rEFxrq

 で、これがめちゃくちゃ綺麗でした。同じスペックのDellのモニターとか、他の安いメーカーのモニターとかがクソのようです。これは買ってとてもよかったです。
 仕事でモニターをずっと見ている人は、高くても良いモノ買ったほうがいいですよ。

 さて、『ぼく愛』コミック第2巻の...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る