(337)その3バックは攻撃的か、守備的か。数字の先を語る重要性

(337)その3バックは攻撃的か、守備的か。数字の先を語る重要性

2017年06月29日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン「杉山茂樹のたかがサッカー、されどサッカー。」
(337)その3バックは攻撃的か、守備的か。数字の先を語る重要性

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 チリ代表は、これまで3バックをたびたび使用してきたが、今回のコンフェデ杯では今のところ4バック(4−3−3)で通している。その一方で、従来、主に4バックだったドイツは、3バックで臨んでいる。すでに敗退しているオーストラリアも同様。従来の4バックではなく3バックで戦った。

 3バックと4バック。世の中で多数を占めるのは4バックながら最近、増加傾向にあるのは3バックだ。とはいえ、「だから何?」と問われれば言葉に窮する。布陣は3バックか4バックかに分類される。そうした意味では、分類の基準になり得るが、区別することに特段、意味はない。そこは重要な論点にはならない。サッカーの中身、性質を語ろうとした場合。

 3バック、4バックそれぞれには、様々な種類がある。特に3バックの幅は広い。攻撃的な布陣もあれば、守備的な布陣もある。

 その布陣は、攻撃的なのか、守備的なのか。3か4かの前に本来、語るべきはこちらだ。ピッチの横幅は68m。そして、その最後尾を3人でカバーしようとするのが3バックだ。しかし、相手がピッチを広く使って攻撃してくると、3人でカバーすることは難しくなる。3人はゴールのある真ん中を中心に構えるので4人ではなく、5人になりがちだ。

 先天的に3バックは5バックになりやすい傾向を抱えている。後ろに人数が多く滞りやすい。つまり、守備的になりやすいわけだが、一方で5バックになりにくい3バックも存在する。サイドの攻防で後手を踏みにくい3バックだ。サイドで後手を踏みやすいか、踏みにくいか。3バックの特徴を語る上で、これは重要なポイントになる。

 5バックになりにくい3バックの代表は3−4−3。今回のコンフェデ杯でドイツ代表が採用している布陣だ。相手に両サイドを突かれても、最終ラインは3から5に変容しにくい。両サイドで構える枚数は各2人。備えはできている。3−4−「3」の「3」の両サイドが高い位置で構え、相手のサイドバックの攻め上がりを牽制しているので、数的に不利な状況になりにくい。4の両サイドは、プレッシャーを受けて後退しにくいのだ。

 つまり、3−4−3は5−4−1になりにくい。言い換えれば、5−4−1という布陣は守備的ではない。自ら5と謙遜しているが、5になる時間は少ないのだ。4バックから3バックに変わったドイツ代表だが、本質的な部分では大きな変化がない。

 この布陣の問題は、1トップに掛かる負担が大きいことだ。その他の選手と距離が離れているので、高いキープ力が求められる。ボールの収まりがよいタイプが不可欠になる。今回のコンフェデ杯でドイツの1トップとしてプレーしたラルス・シュティンドル、ティモ・ベルナーには、その点において若干物足りなさを感じる。両者はドイツを代表する選手かも知れないが、ヨーロッパ級とは言えない。従来よりその分だけサッカーはわずかに守備的に見える。

 オース...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る