Vol.194 新聞の持つ価値を改めて考えてみたり、ベンチャー界隈のアレな倫理観につっこんでみたり、昨今のサイバー犯罪の動向を見つめたりの巻

Vol.194 新聞の持つ価値を改めて考えてみたり、ベンチャー界隈のアレな倫理観につっこんでみたり、昨今のサイバー犯罪の動向を見つめたりの巻

2017年06月30日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.194
--新聞の持つ価値を改めて考えてみたり、ベンチャー界隈のアレな倫理観につっ
こんでみたり、昨今のサイバー犯罪の動向を見つめたりの巻
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         2017年6月30日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】「新聞を読んでいる人は、政治的、社会的に先鋭化された人」という
状況について
……………………………………………………………………………………………

 通信社ベンチャーという聞きなれない新興企業を立ち上げて精力的に政治動向
についての記事を執筆・公開しているJX通信社の米重克洋さんという御仁がい
て、彼が非常に興味深い調査結果を出してきています。

東京新聞読者の安倍政権支持率は「5%」、対する産経新聞読者では「86%」― 都
内世論調査番外編(米重克洋) - Y!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/yoneshigekatsuhiro/20170620-00072316/
新聞の発行部数と世帯数の推移
http://www.pressnet.or.jp/data/circulation/circulation01.php
新聞購読率減退中、2015年では高齢者すら減る(2016年)(最新)
http://www.garbagenews.net/archives/1754749.html

 この数字に新聞購読者の年齢や世帯数推移などをクロスしてみると、20代は一
割程度しか新聞を購入しておらず、精読率を考えるとほとんど新聞紙を読む習慣
を持たなくなりました、ということが言えます。

 一方で、新聞「紙」ではなく新聞「記事」への接触回数というとスマートフォ
ンで新聞を読む機会が増えたこともあってずっと横ばいで、また20代後半ぐらい
から「ある程度、社会人としての経験を踏まえることで新聞が伝えたいことを理
解できるようになり、接触時間が増える」という傾向を見て取ることができま
す。確かに、政治的主張や社会に対するものの考え方というのは、ある程度人生
経験を踏んで、自分なりの価値観が固まってからでないと情報摂取しようとはな
かなかならないのかな、と思うわけです。

 しかるに、冒頭の米重さんの「特定の新聞の購読者は、安倍政権をどれだけ支
持しているか」のグラフで見ると明らかな党派性が見て取れるというのは興味深
いところで、つまりは新聞社のブランドやプリファレンス(好み)を認知して自
分からその新聞に寄っていく消費者構造が明らかになったということでしょう。
もちろん、何も知らないうちから特定の新聞を読んでその新聞の主張を信じて政
治的態度を固めていくという面もあるかもしれませんが、しかしすでにほとんど
新聞「紙」に接触しない年代がどんどん増えていく中で全年代の総量評価で特定
の新聞に安倍批判や安倍支持が固まっていく状況を見ると、新聞の主義主張が影
響したというよりは日々の暮らしの中で価値観が固まっていって、そして分断し
ていったというほうが合理的であろうと考えます。

 今回の選挙でもそうなのですが、もともと自民党は地方政党から都市型政党へ
とシフトしていく過程で都市部の40代以下の層からの支持を得ることで、浮動票
が増えている状況でも穏やかに高い支持率を確保して政権を維持してきたのがこ
こ5年間の動きです。そう考えると、いわゆる左派的な言動で読者を集めている
新聞の購読者が概ね高齢者のメディアになっていく状況は、日本の政治的状況の
「地殻の動き」をかなり明確に表しているのだろうなあと思うわけですね。

 個人的に思うのは、以前から書いてますが「新聞はもう駄目だ」と言い募るこ
とではなく、新聞「紙」と「紙」によったビジネスモデルの終焉と、新聞「記
事」や新聞「記者」が信頼され求められていることとを切り分け、新聞のブラン
ドを再構築しながら「昔ほどもうかる商売ではないけれど、読者の求める正しい
記事を書き続ける機能とブランドとしての新聞社」を生き残らせることじゃない
かと思うわけですが。


■イベントをやるでござる

 「やっとる場合か」という気持ちもしないでもありませんが、せっかくですか
らご都合が合うようでしたらぜひ足をお運びいただければと存じます。

 と思っていたら、もう残席が僅かでした…。

記事広告「PR表記」のあり方について、清水さん、ヨッピーさんと改めて考えて
みる【トークイベント】
http://ptix.co/2sXgQ8P
世の中のミカタ総研
https://salonde.jp/salon/top.php?salon_id=1636


■最近の書き物エクストリーム

 セミリタイア状態のはずが、原稿仕事だけは順調に進めておりまして、来月か
ら幾つか連載復帰や長文寄稿モノがあったり、なんかそんな感じです。

残念な檄文「経産省ペーパー」3つの誤解
http://president.jp/articles/-/22369

ネットの産経の「強さ」は政治以外に 「ニュースの深層」「衝撃事件」…報道
に期待されるものとは
http://www.sankei.com/column/news/170611/clm1706110009-n1.html

ポケラボ&スクエニ『シノアリス』課金バグが残ったままの運営の行方
https://gamedeets.com/archives/280174

「お陰様で」「ぼちぼち」を世界で盛大に誤解される日本人
http://bunshun.jp/articles/-/2733
「人工知能が採用面接で人間を見抜く時代」の欺瞞と憂鬱
http://bunshun.jp/articles/-/2825
「人柄が嫌で不支持」なのに「他の内閣より良さそうだから支持」されてしまう
安倍政権
http://bunshun.jp/articles/-/2913
ペットロスを人工知能が癒す日は来るか
http://bunshun.jp/articles/-/2993
官邸&高級官僚&野党&マスコミ「全員悪人」アウトレイジ状態な「けものフレ
ンズ」問題
http://bunshun.jp/articles/-/3146

【世代間格差】日本は今後残された富をどう配分すべきか|やまもといちろうコ
ラム
http://dailynewsonline.jp/article/1318021/
小出恵介の騒動が美人局疑惑も飛び出す”百鬼夜行”に|やまもといちろうコラ

http://dailynewsonline.jp/article/1321005/
小池百合子女史の「都政立ち往生」”対決姿勢”でどこまでやれるか|やまもと
いちろうコラム
http://dailynewsonline.jp/article/1324312/
豊田真由子女史の暴行騒動を一個人の問題で終わらせて良いのか|やまもといち
ろうコラム
http://dailynewsonline.jp/article/1327121/

データを確認せずに「できます!」と役員が確約した、ディープラーニング案件
の末路
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1706/05/news002.html

やまもといちろう 無縫地帯(Yahoo! JAPANニュース個人)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/
やまもといちろう オフィシャルブログ
http://lineblog.me/yamamotoichiro/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
目次
【0. 序文】「新聞を読んでいる人は、政治的、社会的に先鋭化された人」とい
う状況について
【1. インシデント1】ベンチャー界隈の倫理観が微妙過ぎる件で
【2. インシデント2】国家と個人という二極化が進むサイバー犯罪の行方
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る