▲▽中原区平和公園▽▲

▲▽中原区平和公園▽▲

2017年07月16日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽中原区平和公園▽▲

PACIFIST. Those who "abjure" violence can only do so because others are
committing violence on their behalf. George Orwell

(「平和主義者。彼らが暴力を放棄できるのは、他の人間が彼らに代わって暴力
を行使してくれるからだ」ジョージ・オーウェル)

※ 排外主義的な団体がデモ、数百人抗議し周囲騒然 川崎
http://www.asahi.com/articles/ASK7G4547K7GULOB00X.html?iref=comtop_8_03

 この朝日の記事は、ちとミスリードが酷い。メイン会場は静かそのもので、手
前でバスが止められたせいで、そこだけで小競り合いが発生しただけです。メイ
ン会場にいるわれわには何も伝わりませんでした。たぶんこれ以上進ませたら道
路を封鎖する羽目になると判断した県警が、かなり手前で止めさせたということ
でしょう。その判断は致し方無い。
 あとカウンターの連中も身勝手よ。会場では、デモを許可した警察はけしから
ん! と叫び、いざ警察がそれを阻止したら、今度は、「警察はデモ隊を守っ
た!」と批判する。警察の立つ瀬がありません罠。

※ 有田氏の Twitter で、お隣でのデモを知る。運良く朝から起きているので、
数日前から行こうと決意する。
 前夜からハイドレーション・パックを用意。1.5リットルのパックに半分だ
け水を入れて冷蔵庫で冷やし、朝、出かける直前に、ヴァームの粉と氷をパンパ
ンに入れて、ウォーキング用ザックに装着する。重たい! 明らかに大げさだよ
な……、ペットボトルにしようかと思ったものの、いざ終わって見れば、帰宅時
には1.5リットルが空になっていた。それくらい暑かった。9時10分出発。
 フラッカーズで用水路沿いを走ってスタバの手前の駐輪場に突っ込む。ここか
らが遠い。前夜キョリ測で測ったら会場まで1キロはあった。
 東急線の元住吉駅を最寄り駅と紹介している所もあるのね。ムサコの駅を抜け
たら、日共のお年寄りがヘイト批判のビラを配っている。
 道を一本間違って、だいぶ東寄りに出てしまって引き返す。いざ平和公園の入
り口が見えて来たら(9時40分)、千客万来! カウンターはたぶん500人
前後だと思います(これは公園周辺に限った人数で、実際は駅周辺も張っていた
ので、たぶん千人を越えたはずです)。それと同数の警官隊。
 こ、これがプロ市民(>_<)。そしてあのマスクをした眼光鋭い集団が、国
家権力の象徴、警備公安か!
 歩道橋に登って写真を撮ろうとしたら、「交差点を渡って下さい」と警官隊に
阻止される。しかしここで引き下がってはペンクラブ会員の名が廃るwと思い。
「立ち止まらずに写真を撮るだけですから」、と上げて貰う。でも最初からあの
橋の上に陣取って動かなかった人々は何だろう。
(後ほどブログに写真をアップ)

 ところが、主役が全然こないわけ。カウンター側のスピーカーが、「今マイク
ロバスで向かっている模様です」と言っているんだけど、姿形は全く見えず(1
0時半)。
 その内、警官隊がバーと駅方向に移動し始めて、私もちょっと公園を出てムサ
コ寄りで待っていたら、「旗は見えたよ」な声も聞こえてくる。ところが一向に
デモ隊の姿は見えず。警官隊はさらに駅へと移動。われわれも警官隊に付いて駅
へと移動している間に、「あいつら逃げた!」「新幹線で名古屋駅に片足着けて、
『名古屋に来た』と言うようなもんだなw」な声が聞こえてくる。
 どうやら新丸子橋を渡った所で、一瞬だけ降りて、旗振ってさっさと帰ったら
しい。
 がっかり _| ̄|○ 。カウンターはまた公園に戻って反省会(といいつつ相手
のフェイントに備えての待機です罠)。私はそのまま駅を跨いでチャリで戻った
次第です。プロ市民の皆様、しばき隊、ご近所の皆様、ご苦労様でした。お目に
掛かれなかったけれど、川崎くんだりまで来て下さった有田さんにもお礼を申し
上げます。
 警官隊の皆様も、こんな暑いさなかに水補給もせずにご苦労様でした。ちなみ
に、あの道路、やたら豪華で幅広な道(慶応前を通るこの道路はどことどこを結
んでいるの?)ですが、日吉側にちょっと歩くと、確か、神奈川県警の学校か何
かがあるんですよね。

 さて、最初の話に戻ります。私が今日久しぶりにジョージ・オーウェルの言葉
を引いたのは、カウンターやしばき隊への連帯を意思表示するためです。
 私のブログには頻繁にネトウヨさんが現れて、「こんなことやっているしばき
隊を支持するんですかぁ?w」と踏み...

バックナンバー

  1. ▲▽勝てるカモー▽▲

    2017年09月22日発行

  2. ▲▽幻想のレッドライン▽▲

    2017年09月21日発行

  3. ▲▽遠吠え▽▲

    2017年09月20日発行

ページの先頭へ戻る