Vol.197 ウェブメディア戦線異状あり、家庭向けネット家電もなにやら不安、そして西海岸VC界隈の行儀の悪さはどうしたものかというぼやきとか

Vol.197 ウェブメディア戦線異状あり、家庭向けネット家電もなにやら不安、そして西海岸VC界隈の行儀の悪さはどうしたものかというぼやきとか

2017年07月31日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.197
--ウェブメディア戦線異状あり、家庭向けネット家電もなにやら不安、そして西
海岸VC界隈の行儀の悪さはどうしたものかというぼやきとか
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         2017年7月31日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】フェイクニュースか業界の病理か、ネットニュースの収益構造に変化
……………………………………………………………………………………………

 先日来、フェイクニュースやPR付ける付けない問題ですったもんだしているウ
ェブメディア業界ですが、ここにきて広告主のデジタル予算のつけ方がだいぶ変
わってきたこともあって地殻変動をし始めているようです。

 お世辞にもクオリティメディアとは言えない某ウェブメディアでは売り上げが
いきなり二割減に陥ったり、相互にコンテンツ融通している先との関係解消に至
ったりしている理由は「ページ数を増やしても収益にはつながらなくなってき
た」ことが背景にあります。もちろんウェブニュースバブルが弾けたという簡単
な結論にはなり得ないのですが、このところ右肩上がりで増えてきたニュース系
サイトへのページビューが頭打ちになってきて、取引の成立割合を示すコンバー
ジョンレート(CVR)も劇的に減ってきたのは特筆するべきところです。

 大手出版社系のウェブメディアも総じて横ばいに転じ、コンテンツごとの売り
上げも以前ほどの利益水準でなくなってきました。例えば、週刊誌を持つ大手サ
イトは、月間PVが1億4000万ほどあったものが、この2017年上期はダウントレン
ドに入り、安倍昭恵、籠池、加計問題といった政治的なイシューが中心だったこ
ともあって、4月以降は特に伸び悩みました。

 昨年はSMAP解散や不倫騒動など多数の芸能系スキャンダルが多かったことでネ
ットメディアが成長した一年だったため、YoYでみると物凄いアクセス数の減少
に見えるサイトも少なくありません。

 中堅から大手メディアについては、他社のウェブメディアから記事をバーター
で入れたり、買い取ったりして収益化するというビジネスモデルが一般的になっ
ていることが、全体の収益性の下落に陥ったのではないかと思いますが、最近で
はウェブメディアから撤退するICT企業や、一時期流行した企業クライアント主
宰のオウンドメディア自体が休止、運営委託する動きも顕著になってきました。

 いわゆる画像や映像などを一次請けするメディアとそうでないメディアとで
CVRが大きく変わってきていて、スマホ向けでは特に誤タップを誘導する広告表
示にはペナルティがつくケースも出てきているのでオーバーレイ広告からの表示
収益に依存してきたメディアは一気に苦しくなります。大手経済メディアでも大
口のペナルティが一時期出ていたために界隈が騒然としましたが、青天井でPVを
伸ばすために過激なタイトルをつけページを分割し誤タップ上等でサイトを運営
していた者が逆回転を始めたのは微笑ましく思います。

 一方、FTCでは広告記事(ネイティブ広告含む)や口コミの情報開示(関係性
明示)についての勧告が出るなど、かなり世界規模でこの方面の制限が強くなっ
てきている印象はあります。日本のウェブメディアで言うと、PR表記をするしな
い以前にこの手の記事のバーターや買取からのアドネットワーク売りで命脈を保
っているメディアを改廃しないことにはなかなか改革も進まないでしょう。

米当局、広告記事・口コミの情報開示勧告 消費者保護へ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H1J_X20C17A7FF1000/

 さらに、アドネットワーク界隈でいえば、一時期物凄くテクノロジー的にも成
長したと思われたアドテク方面が大手クライアントからの撤退を喰らうケースが
相次ぎ、デジタル広告予算はあるけれどどのように使ったら効率的なのか分から
なかった時代から、だいぶ理解が進んでクライアント側が明示したサイトに広告
が掲載されるようになってきました。効果の乏しいデジタル広告は淘汰される前
夜なのかもしれませんが、大口であるほどに目が行き届かないという事例も大き
く、マーケティングオートメーションのようなダッシュボードを提供している会
社でも「収益性をベースにデジタル広告メニューを組むと、アドネットワークは
全オチしかねない」という事例さえも出ています。

 おそらくは、年末商戦向けのデジタル広告で具体的な異変が起きるのかもしれ
ませんが、ユーザーにはあまり目に触れない部分の戦いでもあるため、もしも
Facebookその他でナショナルクライアントの変な動画広告が増えるようであれば
「ああ、そういうシフトをしたんだな」ぐらいに思っていただけると良いのでは
ないかと感じます。


◆最近の書き物

バニラエアでの障害者搭乗、炎上でしか物事は動かないのか問題|やまもといち
ろうコラム
http://dailynewsonline.jp/article/1330223/
週刊少年ジャンプの”エロ表現”に激怒する弁護士たちの暑い夏|やまもといち
ろうコラム
http://dailynewsonline.jp/article/1331513/
民進党・蓮舫代表”二重国籍”で戸籍出す出さない攻防を見る側の心情|やまも
といちろうコラム
http://dailynewsonline.jp/article/1334843/
橋下徹vs.有田芳生の”国籍提示”と”ハシシタ”を巡っての抗争|やまもとい
ちろうコラム
http://dailynewsonline.jp/article/1337500/
サイバーエージェントが当面不採算でも動画サイトで勝負に打って出るワケ|や
まもといちろうコラム
http://dailynewsonline.jp/article/1338565/

「小池百合子でしょうがないか」心理がもたらす「本命不在」という永遠の課題
http://bunshun.jp/articles/-/3217
不寛容社会を生きるために必要なこと
http://bunshun.jp/articles/-/3286
「子供が楽しみな夏休み」とかいう憂鬱
http://bunshun.jp/articles/-/3384
閉塞と混乱の只中にある日本社会 打開するために必要な見識とは
http://bunshun.jp/articles/-/3465

消費税を20%にしたところで、社会保障費の全額は負担できません。「低負担高
福祉」で将来世代のツケにしないための工夫はどこに!?
https://www.minnanokaigo.com/news/yamamoto/lesson18/

『Injustice 2』仕上がっていない超大作スマホゲームの楽しみ方
https://gamedeets.com/archives/294319

やまもといちろう 無縫地帯(Yahoo! JAPANニュース個人)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/
やまもといちろう オフィシャルブログ
http://lineblog.me/yamamotoichiro/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
目次
【0. 序文】フェイクニュースか業界の病理か、ネットニュースの収益構造に変

【1. インシデント1】身近なIoTデバイスの普及がそのままプライバシーやセキ
ュリティを脅かすことになりそうな今日この頃
【2. インシデント2】西海岸VC下半身事情と繰り返されるパワハラ問題
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る